【最新情報】国家非常事態対策委員会@ベンジャミン・フルフォード

【更新:2016/05/30】
ソース元
【ベンジャミン・フルフォード】 国家非常事態対策委員会(再生リスト)
ソース元:嗚呼、悲しいではないか!さん
ベンジャミン・フルフォード英語版【2016/02/09】
ベンジャミン・フルフォード英語版【2016/02/23】
ベンジャミン・フルフォード英語版【2016/03/01】
ベンジャミン・フルフォード英語版【2016/03/08】
ベンジャミン・フルフォード英語版【2016/03/15】
ベンジャミン・フルフォード英語版【2016/03/22】
ベンジャミン・フルフォード英語版【2016/03/29】
ベンジャミン・フルフォード英語版【2016/04/05】
ベンジャミン・フルフォード英語版【2016/04/12】
ベンジャミン・フルフォード英語版【2016/04/18】
ベンジャミン・フルフォード英語版【2016/04/26】
ベンジャミン・フルフォード英語版【2016/05/02】
ベンジャミン・フルフォード英語版【2016/05/10】
ベンジャミン・フルフォード英語版【2016/05/17】
ベンジャミン・フルフォード英語版【2016/05/24】



■■■■■国際情勢

<総合>
【2016/02/04】
WHO~マスコミが熱心に煽る「ジカ熱(ジカウィルス=1947年ロックフェラーの特許)」にブラジルの新生児4800人が感染(by AP通信)。しかし実際には小頭症が有ったのは270人で、ジカウィルス感染はその6%(14人)だけ...真相はワクチン接種の副作用(小さい頭で生まれる)だった。しかしエボラ・鳥インフル・新型インフルと同様、真の目的は民衆の不安を煽り、ワクチンを大量&無駄に買わせる為にWHOやマスコミを利用した情報操作によるプロパガンス。
★注釈:WHOなど全ての国連機関はハザールマフィアの所有物。
★注釈:「ジカウィルスはロックフェラー財団・ビルゲイツ財団の生物兵器(報道:2016/02/03)」。ハザールマフィアの医産複合体が開発してばら撒いているのか?エボラの時は感染予防のワクチンだと騙してエボラウィルスを注射して故意に感染させたようだが...但し、その事実は恐らく医師には知らされていない。
★注釈:エボラウイルスはロックフェラーが所有するアメリカ合衆国保健福祉省管轄の「アメリカ疾病管理予防センター」が特許を取得。特許番号EP 2350270 A2とCA 2741523 A1。「Bundibugyo(EboBun)」...つまり国が殺人ウィルス兵器を作ったと公言してるが...全然OKなのか?ロックフェラー一族はレプティリアンらしいが...
アメリカ政府がエボラ特許

【2016/02/09,15】
<962年ぶりにローマ教皇とロシア総主教が会談>
ロシアと国防総省の情報源によると「悪魔崇拝ハザール暴徒に対する同盟の強化が目的」。
CIA情報源は「法王が総主教と会うことを切望したのは、バチカンが生存を確保するためにロシア軍の保護を望んでいる」。
一方、ロシアの情報源は「二人の男は新しい惑星宗教と新世界秩序の創設に関する「秘密の国際覚書」に調印し、それは2016年5月1日に施行される」。
これはロシア大統領プーチンの背後はロシア正教会であるという国防総省当局者の究極の報告を示している。ロックフェラーの手先ヘンリーキッシンジャーは「多極化社会を受け入れ、ロシアは脅威ではなく本質的に協力者」であると宣言することをを余儀なくされた
マイク・フリン中将がプーチンとドナルドの関係において重要人物であり、軍事的支援によってトランプや他の者が、公然とハザール候補者「ヒラリー・クリントンやテッド・クルーズ」がイカサマ選挙をしていると非難する事ができる。
★注釈:日本では2014年の衆議院議員総選挙で安倍晋三氏の集票マシーン「ムサシ」によるイカサマ選挙が暴露されているが、対立政党からの非難が一切無い...現時点での日本ではその部分は究極のタブーなのか?言及すると消されてしまうのか?それまでのアメリカ大統領選挙戦は「所詮茶番=首の挿げ替え」でしかなかった...しかしアメリカは変わった!日本はいつ変わるのか?

また、このニュースレターの特ダネとして、インドネシアの当局者が、ハザール「ジョージソロス」によって融資された4000人の武装旅行者がボルネオ島のインドネシア領で拘束されたと報告している。
そのグループは米国で特殊訓練を受けた後、イスラム原理主義民兵ゴサッターを立ち上げ武装化するために、ジョージソロスが融資するNGOがサポートしていた。

【2016/02/15,,03/01】
複数の情報源によると「インドネシア、マレーシア政府もまた白龍会と連携を始めている」。タイは麻薬とテロと戦うためにロシアとも協力している。
中国企業は昨年同期比対比今年の初め以来、海外M&Aが10倍に増加している。

日本と東欧のグノーシス・イルミナティの代表が最近、白龍会との契約を更新した。
また2月末に東京で、グノーシスイルミナティ、ハザールマフィアと米軍情報機関全てが白龍会代表と話し合うために代理人のスパイ達が集まった。
グノーシス派イルミナティの代理人「アレクサンダー・ロマノフ」はハザールマフィア一味(イスラエル・トルコ・サウジ・アメリカ国務省)が創設に関与したISISと311について最初の警告した人物であり、その情報には信頼性がある。
その情報は...
1).ISIS傭兵軍支配下のシリア、アレッポで水素爆弾があった
2).ISISはダムを爆破してイラクのバグダットの緑地帯を洪水にする準備ができている
3).日本、欧州と米国でテロの無差別攻撃を始める
【2016/03/22】ベルギー@ブリュッセルの空港と地下鉄で3度の爆発で多数の死傷者。警戒レベル最高に
★注釈:自分の意思で自爆するなど普通は有り得ない。ロンドン地下鉄テロの時は「身体に爆弾を仕込まれて遠隔操作された」とか、MKウルトラ(マインドコントロール)などと言われているが、既にアメリカで「目的別に極小マイクロチップを身体に付けて脳をハッキングする技術が存在し、アメリカの銃乱射事件にも関わっている」とのソースが有る。そして重要なのは犯人はイスラム教徒だとでっち上げる事で、一般市民の誰もが犯人にされてしまう可能性がある。
★注釈:安部首相がIS対抗勢力への支援として、実際にはISを支援する親米の中東諸国にカネをばら撒き、日本人2人の人質を取られて殺害された。ISを間接的に支援しているのだから、これはヤラセで実際には殺されていない筈。そして日本でテロを起こす為の理由を与えた...恐らく故意が有ったのだろう...そして2016年に日本でも高確率でテロが起こされると思われる...恐らく東京や成田国際空港...そのターゲットが首相官邸だったらウケルのだが...ナイス♪ww

白龍会代表はロマノフに、もし「グノーシス派イルミナティ」が無実の人を害したら、彼らは追い詰められて殺されるだろうと伝えた。

【2016/02/23】
2月11日ダンフォード将軍は表向きは北朝鮮ミサイル問題を議論するとして、日本と韓国の軍幹部と会った。
白龍会の情報源によると「ロシア、米と欧州の軍事同盟への日本と韓国軍の同盟を確実にする為」。

【2016/03/08,03/15,03/22,04/05】
米情報機関はロシアの当局者に、ロシアGRU軍諜報長「イゴール・セルゲイ」の殺害にイスラエルがトルコを代理として使った疑いがあると伝えた。
米ジョセフ・ダンフォード将軍は3月3日にイスラエルに行き、トランプやその他の善人を暗殺しないように警告し、ヨルダン・レバノン・シリアへのテロリストの侵入をやめるよう通告。
国防総省情報源によると...
米副大統領ジョーバイデンは3月8日にイスラエルへ行き、悪魔主義首相ベンジャミン・ネタニヤフに、新ロシア/バチカン同盟がイスラエルに国際的反社会行動を止めさせると伝えた。計画された国連決議は二国間解決として、イスラエルは1949年のラインまで撤退し、大量虐殺ガザ包囲を止め、東エルサレムのパレスティナの首都にすることを呼びかけるだろう。従わない場合は国連制裁と武器禁輸措置に繋がる。ロシアが主導する国連軍は武装入植者を立ち退かせガザを防衛することができる。
このロシアのトップは米国に対し「ISISがキリスト教徒に対する大量虐殺を犯している」と宣言させるよう圧力をかけている。そうすることで、ISIS支援国であるトルコ、サウジアラビアとイスラエルに対する国連制裁と戦争犯罪者としての起訴が可能になる。
中東でのトラブルについてイスラエルに法の遵守に加えて、バイデンはネタニヤフにイスラエルロビーを米大統領選から締め出すよう伝えた。軍、FBIと一般人は今回の大統領としてヒラリークリントンのようなハザールマフィアの手先は選出させないと決定された。

国防総省情報源によると...
欧州では、NATO軍トップのフィリップ・ブリードラブ将軍は先週、核ハルマゲドンの提唱者とネオコン「元米国務省報道官ビクトリア・ヌーランド」にあまりにも近いために解雇された。彼は2月12日の法王とロシア正教会総主教との歴史的な962年ぶりの会談で接合された新国防総省ロシア同盟と共にする気はなかった。代わりにロシアに対して挑戦的な態度は少ないと思われる将軍「カーティス・スカパロッチ」が選ばれた。NATOの運営の変化はウクライナと欧州でハザールマフィアのトラブルに大きな影響を与える可能性がある。

米国、マレーシア、シンガポール、アブダビとスイスに関与する当局もまたハザールマフィアに迫っている。現在の調査では、堕落したマレーシア政府当局者と、最近まで東南アジアのゴールドマンサックスののトップであったティム・ライスナー周辺に集中している。白龍会情報源によると「東南アジアの調査の本当の目的は不明のマレーシア航空便370とウクライナ上空での撃墜されたその再化身である17便の真相解明にある」。
国防総省情報源によると...
目的は「フリースケール・セミコンダクターに働く中国人技術者8人の帰国を阻止」する事、マレーシア首相ナジブ・ラザックにハイジャックの口止め料「6億8千万ドル」を支払うためにゴールドマンサックスが使われた可能性がある。FBI長官ジミー・コメイは3月14日に中国を訪問したのは、ロシアの調査官も関与するこの調査の一環の可能性が高い。
マレーシア航空370便の消失に関する国際調査は現在、ゴールドマンサックスと同様にJPモルガン、ドイツ銀行とエドモンド・ロスチャイルド銀行の関与を調査している。

米軍は南シナ海で中国の侵略を防ぐために重要な基地を確保し、ベヌラ島周辺に艦隊を駐留させる許可をインドネシア海軍に求めた。


,03/22
ロシアの情報源によると...
フランシス法王はおそらく5月に重大な発表をして引退を計画している。重大な世界情勢が起こるのは避けがたい。白龍会はその役割として、実際の現物金塊に言及される時がくれば、ある種の声明を発表するだろう。
また、UFOと地球外生命についての情報を聞きたいと思う人々も多くいる。バチカンの上位に座っているP2ロッジの人々は数千年に渡り地球外生命と定期的に接触してきたと主張している。中国も白龍会を通じて地球外生命との接触は数千年を遡ると主張していることを明らかにします。また、おそらく彼らはその問題に関してさらなる世界公開を話し始めるであろう。


,03/29
3月22日(322)の悪魔の犠牲の日に起こったベルギー空港のテロの背後にいるテロリストの一人と自分撮りしている独首相アンゲラ・メルケルの写真もある。
benja01.jpg
↑これってテロに関わった証拠写真だよね~
★注釈:メルケルってアホなのか?もしくは懺悔のつもりだったのか?このテロも毎度のイスラエル&モサドやトルコ、アメリカのナチス残党が関わっていたみたいですね~...安部内閣はこのテログループの一味なので「過激なテロや戦争」は恐らく大歓迎でしょう...良い子の皆さんへのアドバイスですが、いつまでも「お花畑」だと確実に早死にしますので注意して下さいね~

国防総省情報源によると...
モサドのダミー会社ICTSは空港の警備を担当していた、そしてハザール人の被害者はいない。アメリカのナチスの秘密結社「スカル&ボーンズ」の頂点にいるのが米大統領候補テッド・クルーズ。
南アメリカでは、ハザール暴徒が旧ナチ避難所であったブラジルを支配するために必死に戦っている。この目的の為に、彼らは実力主義提唱者「ロジャー・アネリ」の飛行機を破壊した。アネリは世界最大の鉄鉱石会社のトップである。彼はまた、その地域のハザール暴徒の最大の敵の一人であった。しかし複数の情報源によると「ブラジルはハザール人の政府に対する不安定化運動を成功させるつもりはない」。
CIA情報源によると...
南アメリカではまた、米大統領バラク・オバマは南極の汚い戦争への米政府の関与に関するファイルを機密解除した。これらの暴露は、イエスズ会の教皇(フランシス)が軍事政権を率いるビデーラと仲良しだったので辞任する助けの一環として行われた。


,04/05
グノーシス・イルミナティ団長「アレクサンダー・ロマノフ」によると...
イルミナティは世界人口90%削減計画を諦めていない。彼らがISIS創設を発表して以来初めて、計画のヒントを公開するためにインターネットをリニューアルした。
サイトは黙示録の四人の騎士団の絵、欧州人に見える人々に対する無差別暴力、難解な数学と核テロのヒントを特徴とするビデオを掲載している。
イルミナティは依然として廃棄されたロシア潜水艦クルスクから盗んだ500キロトンの核兵器を持っており、それを使う場所も決めている。
彼は選び出した複数の場所を持っていると感じられ、彼の派閥「グノーシス・イルミナティ」は少なくとも一艦の潜水艦を持っていることは明らかだ。また、ロマノフは日本の三重の5月のサミットを示唆したので標的の一つの可能性がある。日本の孤島「馬毛島」は三重サミットへ容易に攻撃できる距離以内にある。このサミットへの攻撃は日本の財務大臣「麻生太郎」が最近示唆した戦争の引き金になるかもしれない。
しかし、第三次世界大戦やグノーシス・イルミナティが計画する人工ハルマゲドンを誘発するには十分ではない。それはロシア・中国・米国の軍隊は、西側メディアが伝える最近の北朝鮮の核脅威が本当は北朝鮮からの発信ではないことを知っているからである。
本当の北朝鮮問題は、第二次世界大戦終了まで日本と韓国を支配していた韓国と日本の王室の派閥に分かれており、それらは第二次世界大戦後は米の占領軍によって制御されている。

欧州においてもハザール傀儡は深刻な困難に陥っている。ハザール暴徒支配のウクライナ政府は破産して孤立しており、降伏の交渉をしている。
ポーランド政府は、レフ・カチンスキー大統領、双子の大物政治家ヤロスワフ・カチンスキーを含むポーランド政府のほとんどを殺した2010年の航空機事故を調査している。
この事故の直後に、現在のEU大統領「ドナルド・タスク」はポーランドがユーロを採用することに関与させた法律の成立を手助けした。疑惑はタスクが航空機事故を起こす手助けの見返りに「EU大統領が与えられた」ことである。


,04/12
FRBに対する金融制裁に加えて、世界武術協会はハザールマフィアの大量虐殺派を仕上げるために動員されることになる。多くの世界武術派の表向きのヘッド「朝堂院大覚(本名:松浦良介)」は解任され、武人館道場のヘッド「初見良昭」に置き換わる。大覚はハザールマフィアが世界人口の90%以上を積極的に殺そうとしている十分な証拠を提示されているにもかかわらず、武術協会を動員することを拒否した。人類は多くの攻撃を受けており、正当防衛の必要性があるが、彼は何もしない。
米国オバマ政権はこれらの残虐行為の加害者や計画者を逮捕しない...つまり軍隊、警察、機関と武道協会の全てのメンバーが死者が増える前に行動する必要性を意味している。

幸いなことに、少なくともいくつかの重大な行動が取られている証拠がある。国防総省情報源によるとBIS(国際決済銀行)を支配しているロスチャイルド家「スイス分家」は警察によって指名手配されている。これは逮捕の始まりに過ぎないと彼らは約束している。

【重要】スイス分家は、多くの情報通の調査官によって「組織の頂点」と考えられている。


,04/26
米国防情報局の情報源によると...
ブラジルでは、ディルマ・ルセフ大統領に対するクーデターを目論んでいる。買収政治家を見飽きた軍は、議会建物に戦車を送る準備をしている。
バチカンも人の力を組織してブラジルでハザールクーデターを阻止することを確実にするために干渉している。さらに、ブラジル人億万長者でハザール大物、世界で最も裕福な銀行家であるジョセフ・サフラは贈収賄で起訴されている。起訴は「作戦狂信者」と呼ばれるブラジル警察調査の一環。

国防総省情報源によると...
欧州では、ドイツもまたうんざりして、今「東に向く」決定をした。フォルクスワーゲンからの金の強要、NSAのスパイ行為、FRBのドイツの金塊の返却拒否とロシアへの制裁の企み...これらがドイツの全ての決定に貢献した。
欧州ではまた、「フランスの反対とイギリスのEU脱退は徒党凶悪犯のゴールドマンサックスとモンサントによるTTIP(貿易協定)の終焉を意味すると、ある情報源は付け加えた。
ロシア情報源によると...
東欧では、ロシアがウクライナ徒党政権に対して大きな動きをした。大統領ペトロポロシェンコは一週間、視界から消えていた、そして再び現れたとき、彼は首相を交代させ、突然ロシアとのミンスク平和の条約の実行について真剣に検討を始めた。この背景は、ウクライナの黒幕ハザール寡頭でありイスラエル代理人「イゴール・コロモスキ」は押収された資産を持っていたので、彼自身が標的になるかもしれない。


05/02,
グノーシス・イルミナティと米軍は共に白龍会に、ローマ法王フランシスは元アルゼンチン独裁者ホルへ・ビデーラとの旧友であったことと、アルゼンチンの汚い戦争への関与していることで、辞任しなければならないと語った。その辞任はこの地球をどう運営するかにおいて、一連の劇的変化の引き金になるだろう。「彼らは今から数千年についても著述している」とグノーシス・イルミナティのアレクサンダー・ロマノフは予測している。


05/10,
白龍会に接触してきた中国当局者によると...
中国では激しい権力闘争が起こっていて習金平主席への委任は初めの5年は2018年に終了した後には更新されないだろう。そしてその時まで、彼が生き残れるかどうか疑わしい。習は反腐敗運動の一環として3千万人を排除した第二次文化大革命に達する仕事を請け負っている。結果は誰もが計画の成立への承認を怖がっているので新しい計画が前へ進まなくなった。現在、進んでいる唯一の計画は中央政府が承認した大プロジェクトだが、結果は深刻な経済的苦痛である。
習はまた、彼が2014年3月末にブラッセルを訪問した時にベルギー王室から騎士の爵位を受けたのでトラブルになっている。確かに習は騎士になることを理解していないように思われるが、その爵位がどんなに立派かどうかにかかわらずベルギー国王の臣下になったことを認めたことを意味している。さらに、騎士の爵位はコンゴの大量虐殺肉屋のレオポルド王に関連するレオポルドの順位である。中国軍司令部が基本的再編を受け、中国軍は南部、北部、東部、西部と中央の5つの司令部に分割される。また中国の首都を乾いた北京から移動させる議論も進行している。

国防総省やNSAの情報源によると...
5月初のロシア正教総主教キリルによる「聖戦」の宣言はテロを敵として引用しており、この戦争は本当は悪魔ハザールマフィアに対する米露統合作戦である。数十万人の子供が米国、ウクライナ他で虐殺されたことへの認識は大規模軍事行動につながる嫌悪感の高まりを作り出している。白龍会は子供の殺人者の最後の一人まで追い詰めて殺すことを約束する。

正教会復活祭でニューヨークで1件、オーストラリアで2件そしてロシアで3件の正教会への放火攻撃と中東のハザール人(ISIS)によるキリスト教徒の組織的殺人は、聖戦が誇張を超えていることの確かな兆候である。ハザール人に対する怒りの複合戦争が既に始まっているが、ハザールグループのサウジのビンラディングループは破産を申請し、ハザールサウジ王室家族やブッシュ家など仲間達は困難に陥っている。

ブラジル大統領ディルマ・ルセフを失脚させようとするハザールマフィアの運動は下院議長のエドアルド・クーニャがブラジル最高裁判所によって辞任を命じられ為に計画が狂った。全買収会議は、彼らがハザールギャングの為にブラジルの資産を盗み続けようとするならば、吊るされる可能性がある。

ドイツとフランスは、伝えられるところによるとグリーンスパンによる内容の漏洩のおかげで、ハザール人のでっち上げTTIP貿易協定に今、公然と反対している。IMFは、おそらくギリシャを意図した救済金のほとんど全てが銀行家を堕落させるために渡されたことが明らかになった後は、ギリシャに対してドイツとは足並みを違えた。ドイツ首相アンゲラ・メルケルはアルゼンチンの旧ナチのたまり場「バリロチェ」に亡命生活を与えられる。これはブッシュ/クリントン/ロムニー犯罪組織のメンバーによる選択肢ではない。


05/17,
ロシア情報源によると...
人間の臓器を収穫する目的でウクライナや他の場所でハザールマフィアによる市民の組織的殺人に関する詳細な証拠がある。これらの犯罪の加害者は追われている。

現在進行中の排除から逃避が絶望的なハザールマフィアは一時的に、公選されたブラジル大統領ディルマ・ルセフを打倒することに成功した。犯罪者による新政府はすでに経済の民営化(略奪)の大きなセクションについて設定した。ブラジルのその戦いは終わっておらず、新しい泥棒政治は不安定であり長続きはしないだろう。

サウジは911での役割と所謂イスラムテロへの資金供与に対する重大な罰則を恐れ、守ってくれることを期待して中国に走っている。それがサウジ国営石油会社を中国に売る申し出をしている理由である。そして南シナ海の紛争において米国に対抗して中国を支持している。
しかし、中国はサウジが本当のイスラムではなく、悪魔崇拝ハザール人であることを知っている。サウジは世界の人々への犯罪に対して補償するべきであり、それ以外の選択肢はない。


05/24,
ハザール人の麻薬の資金を絶つ運動もまた、米南部軍のトップが5月10日にコロンビアと共同でコカインマネーがハザールナチへ流れないことを確実にする目的で訪問することで進んでいる。ドイツと日本が米に共同して、医療用とおそらくレジャー用に許可する世界中の麻薬の合法化もまた、ハザール暴徒金融の遮断である。

ホロコースト記念日のIDF副参謀長イエール・ゴランによるコメントが続く、とりわけ彼は「イスラエル国会のける人種差別法案の雨、それらはすでに採択され施行されており、強烈にナチ政権初期のドイツ帝国議会によって採択された法案に似ている」と述べた。
これらのコメントはイスラエルの元首相エフード・バラクによって支持され、彼はイスラエルはファシズムの種に感染した。
また、イスラエル政権の金融崩壊が迫っている。それは米上院が「米市民がテロのみならず、航空機破壊行為、人質と無法な殺人に対しても告訴できる」法案を、反対する傀儡オバマを負かして通過させたからである。ハザールマフィア支配の新聞社はこの法案はサウジアラビアを標的にしたものと考えているが、本当の標的はイスラエルである。イスラエル(とその秘密の王「ロスチャイルド」)は「911、パリ攻撃、マレーシア航空機370/17便、上海ロシア航空事故そして5月中旬のエジプトエアー事故」で告訴可能である。国防総省情報源によると...
航空機破壊活動のワードは「イスラエルにその行動に対する責任を取らせるために意図的に上院法案に追加された」
CIA情報源によると...
エジプトエアー事故は、3人のフランス政府代表が重大なハザール犯罪を暴露するためにエジプトに向かったので、彼らが乗った航空機はイスラエルに回された。それが最初のニュース報道は69人が搭乗していたといったが、後で66に変更された。

ハザール人はブラジルを乗っ取り、イスラエルにその中央銀行を運営させることで限定的反撃を起こせました。しかし、アルゼンチンのファシスト「マクリ」だけが新政府を承認しただけある。ブラジルのクーデター政権に多視する反撃は今、ストライキ、抵抗と他の行動で起こっている。

日本では長期間のG7サミット会合が今週行われるが、傀儡指導者のこのグループは温泉を楽しみ、神社を訪問し、おいしい物を食べる以外になすべきことはないだろう。このサミットに集まる人はほとんど重要でなくなっている。


<中東情勢>
【2016/01/14,20,28】
トルコ大統領「エルドアン」を支配するロックフェラーのトルコの代理人がダボス国際会議の前に突然死。これは軍産複合体の良識派による会議参加者への脅迫。ドイツやトルコに対し難民問題の収束を求める意味もある。

経済危機のフランスとイタリアは、イランの支援で助けられた。イラン王族はペルシャ王朝の金を大量に保有している。

【2016/02/09,15】
ロシア&米国の対ハザールマフィア同盟は多くの結果を残している。ハザール最高位ドイツ首相「アンゲラ・メルケル(ヒットラーの娘)」は2月8日、シリアで彼らの傀儡軍の重大な敗北が有り、ハザール「トルコ大統領レジョップ・エルドガン大統領」を訪問する。国防総省情報源によると、両指導者は排除の対象になっている。彼らの総統ブッシュはすでに失権しているので降伏しか選択肢はない。
複数の情報源によると「サウジアラビアではロシア情報に基づいて9人のCIA代理人を含む33人のISIS支援者を逮捕」。このことは、サウジがハザール支配の所謂米ドルでの石油の販売を止める動きの可能性を高めた。

【2016/02/23】
国防総省情報源によると、トルコとサウジはウクライナのナチ同盟と共に、3,500の戦車、3,000超の高性能航空機と高度ミサイルシステムを伴った百万人以上の軍を構成している。また、イスラエルから供給されたり、トルコのNATO兵器庫から盗んだ核兵器を200発以上保有している。この軍は「イスラム大帝国(カリフ)創立」のために組み立てられた。この国家は北アフリカ、中東とほとんどの中央アジアを含むことを意図している。欧州へ流入されているイスラム難民はこの計画への欧州の黙認を得るための圧力として使われている。
イランと同盟するヒズボラはロシアによって武装され、「イスラエルを核攻撃するロシアの代理として行動できる」。

イタリアはトルコ大統領ジョセフ・エルドガンの息子のビラールを資金洗浄の容疑で精査を始めた。

,03/22
中東では、国連と米国は公然とトルコとサウジアラビアの攻撃を戦争犯罪と集団虐殺と唱え始めた。これは問題を抱えた地域を一度リセットするための大規模軍事作戦を示唆している。
トルコ大統領レジョップ・エルドガンは最近の声明で「ジャーナリストや政治化をテロリスト」と呼ぶ事で証明されるように、圧力下で感覚の制御を失っているように見える。トルコ軍は国土分割の危機に直面したら、大統領を捨てなければならない事を理解している。

白龍会に25億ドルを提供して立ち去らせる企みに関与したサウジの王子は、「我々は長い間彼ら(ハザールマフィア)に従わざるを得なかった」と認めており、国の支配者達は他の道を考えることができなかった。しかし、文脈からは彼は明らかに更に古代の存在と悪魔のようなものに言及している。これは、我々が悪魔と呼ぶヤギの顔をしてフォーク状の尾を持つ者を崇拝するヒクソスとして歴史上に知られる人間奴隷販売商工団体である。確かに市場の爆撃や無実の市民の殺害などサウジの最近の行動は、悪魔として記述する以外にない。

,04/05
マフィアの引きずり降ろし...トルコのファシスト政権をひきずりおろす短期&強力な戦争が始まろうとしている兆候がある。
最も明確な兆候は、トルコ大統領リジョップ・エルドガンが米国を訪問している間に米軍が全ての家族をトルコから引き上げさせた事実である。表面的にはNATO同盟の主要な大統領であるトルコのエルドガンに、米政府当局者は誰も会っていないという事実は、ロシアの攻撃を受けても守ってもらえない事を意味する。
ロシアが攻撃するであろう明確な兆候は、ロシアがトルコのシリア国境の封鎖を正式に呼びかけている。遵守されない場合は戦争になると言う警告である。
重大な事件の直前にその市民を避難させる印象的な実績を持つ国イスラエルもトルコから市民を避難させている。

一方、ロシア政府当局者は中東と中央アジアの他の場所でトラブルを煽動するのと同様に、キリスト教アルメニアとイスラム教アゼルバイジャンの間の戦いを誘発させようとする「ハザールマフィアであろう第3の勢力」を非難しているが、トルコ軍と代理人がこれら紛争場所のほとんどで見受けられる。

またエジプトは、トルコがガザ地区やシナイ半島での軍事活動を許さないようにイスラエルに求めている。トルコのエルドガン政権は、ムスリム同胞政府を支持していたハザールマフィアを追い出した後のエジプト政権は、正統な政府ではないと非難している。

トルコの全孤立とその不可能な軍事情勢と中東の年間2兆ドルの石油収入を求めるISIS運動は運命付けられている。公的にISISに言及した組織「グノーシス・イルミナティ」はISIS運動は混乱していると見ており、今新しい警告を発行した。


,04/12
トルコでは、そこでの核兵器を守る特別作戦員を除く米軍の退却は、インシルリク空軍基地で活動しているブッシュ徒党麻薬ビジネスの部分的な遮断を目指している。


,04/18
イスラエル首相ベンジャミン・ネタニヤフはモスクワに召喚された。ゴラン高原をシリアへ返し、制裁に直面することに関する国連決議を遵守するように言われるであろう。

これはイスラエルの完全封鎖を意味するかもしれない。オバマは国連制裁からイスラエルを救済するために米の拒否権を使わないだろう。

ロシアはまた、イスラエルの真の支配者であるロスチャイルド家がロシア皇帝から盗んだ金塊の返却を求めるだろう。日本銀行蔵書には1918年に、共産党が手に入れる前に皇帝の10tの金塊を搬出するためにウラジオストックに日本の戦艦を到着させた事に関する報告がある。この金塊は後にロンドンへ出荷された。これはおそらく失われたロシアの金塊の氷山の一角であろう。


,04/26
国防総省情報源によると...
中東では、米将軍「ジョセフ・ダンフォード」がエジプトを訪問して、大統領アブデル・シシィがシナイ半島とリビアのISISを粉砕する手助けをした。もちろん、含むところは、米国は中東でエジプトが最も合理的で信頼が置けるスンニ派政府であると決定したので、その地域で米軍とその機関はロシアと一緒に更なる影響を与えるのに役立つだろう。ISISはトルコ、イスラエルと湾岸君主国の傀儡であり、エジプト、ロシア、シリア、イランと米軍はその問題を抱えた地域に平和と合理性をもたらすために一緒に働くであろう。
米大統領オバマが911報告書の28ページの機密ページの少なくともサウジの部分を公開すると決定した事実は、米がその政権を見放す決定をしたことが明確になった。FBIと国防総省はまた、イスラエルがその大量殺人事件に非常に大きな役割を持っていたことを明らかにするため、911破壊を撮影しながら小躍りしているところを目撃されたイスラエル「芸術学生」について世界中に公開する計画をしている。


<国際金融>
【2016/01/14,20,28】
中央銀行制度は金融詐欺で、アメリカドルは金の価値に対して1000倍は発行されているのでは?50人程度の銀行家がその99%を保有している。
★注釈:アメリカドル=裏付けの無い仮想通貨=ハザールマフィアの利権

年初の株安は実体経済への動きが本格化したから。その結果、ハザールマフィアの大手欧米金融機関が衰退している。原油安の影響で国際金融機関とアラブ諸国が株を売って換金しているので更に下落に拍車。

スーパーコンピューターによる中国と偽ユダヤ金融マフィア(ゴールドマンサックス・シティバンク・バンクオブアメリカ)の市場操作との間で争いが起こっている。2015年の天津の大爆発は中国のコンピューターの破壊が目的。
★注釈:実体経済(中国・ロシア)vs仮想経済(アメリカ・EU)
★注釈:基軸通貨の覇権争い...中国人民元vsUSドル(ハザールマフィア)

海運は中国政府が支配。対ドル政策としてイギリス政府と協力して人民元での決済を求め、現在世界中で輸送がストップしている。中国はイランと原油を人民元で決済、他のアラブ諸国にも要求。

金融特区のスイス銀行で闇資金の運用が停止されており、ロスチャイルドなどの闇資金はアメリカネバダ州のリノ市に集まっている。

【2016/02/15,,03/01】
米銀行システムの崩壊に直面し、先週オバマはカルフォルニアでロスチャイルド家代表と中国長老と会い、米ドルの引き下げの許可を求めたが拒否された、何故ならほとんどの米ドルはアメリカ人によって所有されてはおらず、世界の人々が苦労して稼いだ金が価値を失うことを容認出来ないからである。
この拒否は、アメリカ合衆共和国を復活させたい派と現状を維持したい派の間で米権力構造内の深刻な内紛を作動させた。CIA情報源によると、この闘争の一環として、最高裁判事アントニン・スカリアが心臓発作誘導ダーツによって殺された。
先週、中国で行われたG20財務大臣会議で、ハザール銀行家は国際金融システムを改革する中国の提案を拒否。国防総省の当局者は彼らが崩壊か戦争かの選択に迫られたら「戦争を選ぶであろう」と明らかにしている。
この状況を解決するために白龍会は西欧軍産複合体をより慈悲深い何かへの転換を管理する将来計画機関を設立することを提案している。先週、アジア同盟国は白龍会を支持するために市場価格の10%安で香港で引き取ることができる利用可能な大量の金塊を作ることを提案した。

,03/15
インドネシア大統領はP2フリーメーソンと金塊の話をするためにオランダを訪問
インドネシアのCIA情報源によると...
3月初旬、大規模に世界一掃浄化の資金を開放する交渉の為、インドネシア大統領「ジョコ・ウィドド(ジョコウィ)」が内戦を避けるために旧インドネシアの植民地支配者であるオランダを訪問した。
内戦とは中国派と西側派の間で起こり得る。ジョコウィはインドネシアの銀行に保管されている金塊にアクセスを求め、P2フリーメーソンロッジの代表と会談するだろう。
白龍会情報源によると...
これに関連して、スカル&ボーンズ「米国務長官ジョン・ケリー」もまたインドネシアの白龍会の代表に接触してきて金塊を求めたが結局「何も得られないだろう」。
ケリー達は米実体経済が大きな困難にあるのでパニックに陥っている。この最近の兆候は、卸売り在庫が記録的レベルに積み上がっている。
支払う金のない米国への売り上げの低下に大きく影響され、2月の中国の輸出もまた前年同期比で年率25%急落をしている。

国防総省とCIA情報源によると...
バイヤー「ゴールデン・ドラゴン・ファミリー」が初めに20tの金塊を買いたいと申し出た。中国政府筋は、最初に50t、そして3ヶ月以内に1,000tの取引が可能になるとしている。おそらく3月末か4月初めに参加する予定である。
白龍会情報源によると...
この取引がハザールマフィアに妨害されたりしたら、その時は武器を持ち出す時である。

,03/22
新金融システムの交渉として南極周りで起こる何か奇妙な出来事
最近、南極の周りで秘密裏に何かが起こっており、多くの大物達が訪問している。2月のロシア正教総主教のトップ「キリル」の訪問は、尋常ではない何かが起こっている最初の兆候であった。3月末に米大統領オバマが南アルゼンチンのバリローチェのナチ南アメリカ本部を訪問する予定。
オバマ訪問の直前に、中国が南アルゼンチンに「巨大宇宙探査基地を建設」を公開した後、アルゼンチン政府が南アルゼンチン沖の制限区域の近くで「中国の漁船」を沈めたと発表した。国防総省情報源によると「その船はおそらく中国のスパイ船」。
アジアのCIA情報源によると...
3月末に政府の上にいる彼らの関係者全てが南極に繋がる南を訪問した。これは非常に興味深く、何故なら数年前の国防総省軍事情報局の情報源である「ポール・ライン」の著書によると、その当時「英国の誘導ミサイル駆逐艦HMSシェフィールド」はそのエリアの海底基地から出現したナチスによって捕獲された。シェフィールドはおそらくアルゼンチンと英国とのフォークランド戦争時に、エクゾゼミサイルによって沈められたと思われる。
南極に近い南半球における秘密活動の増加は、現在進行中のナチの秘密基地「パプアニューギニアの金鉱山」を巡る交渉に関連があるようだ。

アメリカのトップスパイ「ジェームス・クラッパー」は先週、オーストラリアのメディアが「秘密の訪問」と述べて報道したオーストラリアを訪問した。
議論の一つは「オーストラリア海軍の施設を含むダーウィンのオーストラリア港に中国の会社が99年間のリースを取得したことが判明した」事。
アジアのCIA情報源によると...
現在インドネシアとオーストラリアの軍当局者のトップが会議を行っている。
議論は「米軍に南シナ海に近いバドゥ島周辺に艦隊の駐留を認めるか」、「巨大フリーポート・マクドランがある同じ一般地域で発見された新しい金とプラチナの埋蔵量」についてである。インドネシア大統領ジョコ・ウィドドはまた、巨大な金の隠し場所と言われている赤道記念碑を訪問する予定になっている。米軍は一つには金回収作業の隠蔽として、そこに強大な新しい港を作ることを計画している。

中国政府情報源によると...
アジア側では、将来計画機関の創設への資金提供のために交渉中の金の取引についての更なる詳細を明らかにした。現在、8,000トンの金塊(現在の市況価格で約320億ドルの価値)は市場価格の13%割引でアジア人によって提供されている。この内4,000トンをタイが、4,000トンを中国が提供。提供された金をは「黒い金」とか「簿外金」として知られるものである。アジアの王室家族によって所持されているこの金塊は、アジア人が彼らの金塊を換金すると、金融つまりは世界の権力を圧倒させてしまうので、西欧の金融システムからは排除されていた。
この取引で、アジア人は世界中で使えるドルとか他の兌換貨幣を得ることになり、一方金に飢えた西欧人は彼らの地金財源を補充することができるようになる。

,03/29
ロックフェラーの取立屋ヘンリーキッシンジャーは3月19日に中国へ行ったが、No.4の将軍「房峰輝」に会うことが許されただけであった。キッシンジャーはほぼ間違いなく、インドネシアの金塊と状況を議論するためにそこに行ったと思われ、8,000tの金塊取引を阻止しようとしていたのかもしれない。
アジアのCIA情報源は、インドネシアの大統領ジョコ・ウィドド(ジョコウィ)がハザール徒党の支援はやめるという硬い決心をしているので、金塊なしで彼は帰ったと言うのは良い事。このジョコウィの決定はハザール人を激怒させて、彼らは首都ジャカルタで暴動を上演すべくプロの代理人による扇動者雇い始めた。

3月末にインドネシアの沿岸警備隊がインドネシア海域で中国の漁船を傍受する事件があった。その漁船は電子情報収集装置が一杯詰め込まれており、それをインドネシアが曳航している時、中国の沿岸警備隊の船がそれに突っ込み沈没させた。インドネシアは、中国の支配に落ちないようにする為にマラッカ海峡周辺に米軍を展開させて金塊を提供することに決めた。


,04/05
最近、ハザール親分「ヘンリーキッシンジャー」が中国政府当局者と会おうとしているが中国政府情報源によると「中国の指導者は彼を避けている」。
これがバラク・オバマによってワシントンDCで開かれた核安全保障サミットの背景であり、世界第一の核保有国ロシアは参加していない。実際のサミットは中国と米国間であり、議論の主題は「新金融システム」だったと米と中国の政府情報筋は認めている。
財政的な話としては、東は金塊を持っており、西はドルを持っている。円とユーロはここで消費され、物を買うときに使われる。東(主に中国)は「我々はあなたの紙を認めない」と言っており、西は「我々はあなたの金塊をボイコットする」と言っている。それが、世界貿易が今年の初めから2桁急落した理由。
幸運にも、金融システムの交渉はうまく言っている様に見える。本質的契約は金塊が西側を流通し、現金が東側を流通する事...つまり西洋人は東から物を買うときは金塊を使い、東洋人が西側から物を買うときは現金を使うことになる。

もっと重要なことは、この地球の修正の莫大なキャンペーンの資金調達の為に、東側と西側の交換から10%が徴収される。この条約が締結された時に可能となるであろう

世界に50兆ドルの投資を行う提案は...尚、50兆ドルと言うのは新設のアジアインフラ投資銀行の資本の500倍であり、世界銀行の年間貸出額の3,000倍近い。
中国の野心的な計画は「世界交通網、研究施設の創設」。
白龍会とその西側同盟者は「砂漠と北極地域を緑地に変える、海洋を補充する、宇宙を探索する」。
これは絵空事ではなく、能力主義の民間部門による将来計画機関への協力によって実行可能な現実的な計画である。既存の多国間組織と企業は結果的に莫大な利益を得ることになる。


,04/12
アジアのドラゴンファミリーはFRBの所有者に市場価格より13%安で驚異的な量の金塊を提供してきた。ボールは今、ワシントンDCの米政権の裁判所にある。それが、米大統領と副大統領がFRB議長ジャネット・イエレンと4月11日に緊急会談を持つ理由です。
アジアCIA情報源によると「ドラゴンファミリーのメンバーもその会議に参加する予定」。
もし、FRBがアジアを拒否したら、BRICS諸国と欧州は、米ドルと3ヵ月交換できる金塊に裏打ちされた新国際通貨を発表するだろう。その期間の後は、米ドルは少なくとも188ヶ国から拒否され、ワシントン政権は孤立し破綻する。
この件での戦争を回避するために、米国外での米軍の作戦は新通貨を使って融資し続けられる。
米国内で破産したFRBに必然的に置き換わる新政権は、米内部の購買力に制限されることなく通貨の発行が自由になるだろう。

オランダ、ベルギーとドイツで銀行がマイナス金利の住宅ローンや消費者ローンを始めた事実は、バビロニア風負債奴隷のシステム全体が崩壊している明確な兆候である。それは人々がこれらの銀行家が何もない所から金を作り出し、負債奴隷を作り出すためにお金の錯覚を使っていることに気付いたからである。だから、たとえ銀行が100ドルを貸したとして、彼らはマイナス金利だから単に90ドルを払い戻さなければならないと言うが、それは貴方は金を彼らに支払うために90ドルを得る仕事をしなければならないことを意味している。彼らは錯覚以外の何も作り出していない。


,04/18
新指導体制にある「赤と緑のアジアの秘密結社」は地球を改革することを約束している。
先週白龍会に、全世界中国同盟の本家出身であると主張する代表「ハングマン」は、赤と緑は新指導体制下にあると伝えてきました。彼は「アジアの巨人が動き出すときは、地球は震えるが、我々のゴールは世界平和である」と述べた。白龍会はイベントがまもなく展開することを確認できるだろうと話している。
CIAや国防総省を含む複数の情報源によると...
リーマンショックより遥かに大きな事件...4月19日から上海金交換所がハザールマフィア支配の銀行から金価格設定を引き継ぐことを目的とした金取引プラットフォームを始める。
4月中旬にドイツ銀行が法廷で「金と銀の価格を操作していた」事を認め、他の大手銀行が価格操作に関与した事実を情報公開すると約束した事は恐らく偶然ではない。そして西側銀行が伝統的に金価格を設定していた詐欺が公に暴露されると同時に中国が金交換を始めることになる。上海金交換所は「アジア人が所有していると言われている莫大な市場外金塊を現金化する事が可能になるだろう」。この事実は中国元が少なくとも部分的に金に裏打ちされることになる。
4月中旬から中国は国際的「金」に裏打ちされた元を立ち上げ、米ドルの受け取りをやめると発表するだろう。確実に言える事は「白龍会は中国に米軍とその機関と連携することを助言している」。

4月初旬にG20カ国の財務相と中央銀行のトップの全てが会議の為にワシントンに集まった。連邦準備理事会の理事もまた多くの緊急会議を持った。
一つの目に見える結果は、連邦預金保険公社が巨大銀行「JPモルガン、ゴールドマンサックス、ウエルファーゴ、ニューヨークメロン銀行とステートストリート社など」の破産計画は「信頼できない」と警告する重要なニュースである。
つまり「ハザール徒党銀行や連邦準備制度理事会は事実上破産している」。

国防総省の情報源とCIA情報源によると...
FRB議長「ジャネット・イエレン」が米大統領バラク・オバマと副大統領ジョーバイデンに会って、一般の貯蓄を盗むことで大銀行を救う予定通りの連銀の動きの後の大暴動を防ぐために、トラブルを起こした者を一斉検挙してFEMAに留置する為に米軍の出動を要求した。
アメリカ軍はイエレン・連銀・JPモルガンに手紙を送らせて公開し、それが不安定であることを世界に知らしめさせようとしている。軍の圧力は連邦預金保険公社の大きな5銀行への警告を背景としている。その結果、ウェルファーゴと他の銀行は緊急シナリオのためにスタッフを訓練し始めた。
白龍会によると...
米軍はまた、ハザールマフィア・バビロニア負債ギンクシステムの崩壊後も米経済を維持するために、銀とアジアの金に裏打ちされた米ドルを発行する新政府の創設に向けて活発に働いている。

欧州の状況は遥かに悪く、4月中旬にIMFは「欧州の銀行は9000億ユーロの不良債権を持っており、これ以上先送りできないことになっている」と公表した。実際の不良債権の金額はIMFが把握している額より遥かに多い。言い換えれば、欧州の銀行の多くは実質的に破産していると言うことである。ロシア情報源によるとバークレイ、ドイツ銀行、クレディスイスとUBSは支払い能力があるかどうか、規制当局によって精査されている。
★注釈:インフレを目指して実現してきた多くの欧米諸国が財政破綻に直面している。つまりその国の国民にとっての利益の真実は...
デフレ(日本でゆう円高)>>>インフレ(日本でゆう円安)...であり、インフレ性善説はプロパガンダでしかなく、偽ユダヤへ金が流れるシステムを作る為なのだろう。
それは貴方達自身が「円高デフレと円安インフレとで、どちらの時が生活が豊かだったか?」を考えてみれば容易に分かる事。

このことが、ハザールマフィア寡頭勢力が破産を食い止める為に租税回避地を閉鎖して世界の租税回避資金310億ドルのを没収するために、米国と欧州でキャンペーンを立ち上げた理由と思われる。
CIA情報源によると...
ロスチャイルド家は既に多額の資金をリノ、ネバダにおびき寄せる詐欺の準備をしている。

インドネシアのCIA情報源によると...
インドネシアの金塊の隠し場所に関連して、連続する動きがある。今週インドネシア大統領のジョコ・ウィドドはドイツ、英国、ベルギーとオランダを訪問し、とりわけインドネシア金塊について議論する。金塊は日本によって持ち込まれたものであり、それは現在その権利を主張する他のアジアの国から持ち込まれたものであることを意味している。欧州もまた、この金塊に欲望を感じている。インドネシアの金塊サイトは利害関係者には利用可能である。
いずれにしても米ホワイトハットと中国の間でこの件を整理するために、おそらく合意がなされるだろう。

先週中国主導のアジアインフラ投資銀行と米支配の世界銀行が始めての共同融資プロジェクトを発表した。つまりアメリカと中国は実質的に既に合意している。
次のステップは数十億ドルから数兆ドルへ投資規模を引き上げることである。


,04/26
先週、インドネシアのアジアの金塊の隠し場所についていくらかの好戦的なことがあった。シンガポールのCIAアジア本部の関係者は中国に警告している。
もし、インドネシアでそこの政治的支配を得るために数百億ドルの金を使おうとすれば、アメリカが動き出す。
インドネシアのCIA代理人によると...
中国の13%安での提供に対し、インドネシアとシンガポールのアメリカ人は、彼らがジャカルタの米国大使館近くに莫大な金塊の貯蔵を制御しているのでその必要はないと主張している。そしてインドネシア政府は、赤道記念碑に有る4,000トンの日本の金塊をその根拠にしている。これは、副大統領のユスフ・カラが密かに米国、日本と中国を訪問して、大統領ジョコ・ウィドドがベルギー、オランダと英国を訪問した後のインドネシアの結論と思われる。
CIA情報源によると...
もし誰かがこの主張に異議を唱えるならインドネシアとの戦争の準備が必要となるだろう。しかし、この金塊の存在の証拠は提示されていない。

それに関して中国は、西側、特にアメリカは落ち着かなくなっており、将来計画機関を共同で設立しようと言う彼らの提案に関して迷うところであり、砂に線を描くような事かもしれないと、日本に拠点を置く中国関係者は言う。
中国政府情報源によると...
最も可能性のあるシナリオは、中国はある日からドルの受け取りを止めて世界は代替貨幣として金の裏打ちされた元が提供される。

アメリカの債権者である、主にアジア人は復元共和国に紙幣の代わりに莫大な金塊を提供してきた。条件は、彼らが東西平等の支配下で能力主義スタッフによる将来計画機関の設立に同意することである。アジアは待っているが、回答がないようであれば、上述したように、彼らは独立に行動するであろう。その場合は高確率で米経済が崩壊する。


05/02,
グノーシス・イルミナティ「ロマノフ」はハザール・マフィアのトップ「ヘンリー・キッシンジャー」が死んで、ハザール権力構造において彼に置き換われる人がいないと述べている。我々は過去に何度も「キッシンジャーが死んだ」と聞いたが、我々がその情報を発信すると直ちに公衆の面前に現れた。もし彼が実際死んだならば、この地球の利益の為に意図した資金を60年間も乗っ取っていたハザールマフィアの背後にいた男であるので、巨大な突破口になるだろう。


CIAの熟練者と国務省当局者が今、アジアのドラゴンファミリと金塊の交渉を行っている理由がこれかもしれないと、白龍会情報源は言う。金塊はすでに準備しているので、遅れはドル印刷権を支配している人々によるものである。この問題について、特にワシントンで多くの会議が行われており、言い換えればこれらは法王を辞任させ、キッシンジャーを現場から排除させることについて話し合いに繋がっている。

以下のリンクを見れば、現実に世界に関する限り、ハザールマフィアの経済支配は終わったことが明確に分かる。最初はアジア・インフラ投資銀行AIIBに加入している国を赤色で示した地図です。アフリカとブラジルを除くアメリカ州を除くと、ほとんどの世界はボード上にある。

bf0502-1a.jpg
次のリンクは購買力平価(実際)GDPの点でこれらの国を示している。再び分かるように、AIIBの参加国は地図上で圧倒的に大きい。米国も大きく見えるが、実体世界を知っている人々は、米国のGDPは実体のない偽の統計なので本当の規模は半分程度。

bf0502-1b.jpg
中国を貿易相手国第一位とする国々対米国を貿易相手国第一位とする国々...中国が実体世界貿易で米国の二倍以上の影響力を持っていることが分かる。

bf0502-1c.png
これが意味するとことはAIIB加盟国が米ドルの受け取りを拒否すれば、米国のハザール徒党は終了する。

アジアの秘密結社と白龍会の会合が今週行われる予定であり、そこで、これは議論の重要な点になる。白龍会はドル支配者に将来計画機関と金取引を受け入れるか、金融ハルマゲドンで打撃を受けるかのどちらかの最後通牒を発行する提案をする予定である。もちろん第三次世界大戦を防ぐために、米軍及び政府機関は引き続きそのようなイベントで融資を受け続けることになる。しかし、彼らはワシントンDCとニューヨークに寄生する犯罪汚物を一掃することが求められる。

金融ハルマゲドンがやってきている兆候がある。5月2日(今日)、米国の実質支配国プエルトリコは債権支払いにおいて不履行寸前であり、起こるとすると組織的破壊の引き金になるだろう。これに関する問題を先送りする最後のわずかな時間になることは疑いがない。しかし、大西洋都市は次のデフォルトに並んでいる。その後、堤防の穴が防げなくなれば、他のものにもやってくる。


国防総省情報源によると...
ハザール人は今、必死にブラジル乗っ取ろうとしており、石油と鉱物のみならず、アマゾンとグラニー帯水層の広大な淡水を支配しようとしている。ブッシュ家とファシスト韓国の統一教会の友人(国連バンギムンも一人)はパラグアイに、この帯水層の上にある大牧場を購入した。これは農地を開発するには世界で最も適した場所である。

4月末、米副大統領のバイデンは法王フランシスにブラジル大統領ディルマ・ルセフを支持するのをやめるよう説得しようとしたが失敗した。その代わりに、彼女の支持として大規模メーデー抵抗を組織することを支援した。

中国とフィリピンの間の領土問題に関する国連常設仲裁裁判所のまもなく出る裁定は、中国が裁判所の管轄権を認めないので、中国に敵対する裁定が予想される。その場合は米軍は、中国を取り込むためにASEANとロシアと共に協力を模索する口実として国際法を使用するだろう。米国の立場にとって唯一の問題は、中国政府が、米国自身もまた裁判所を認めていないと指摘していることである。にもかかわらず、裁判所の裁定はアジアへの軸足を正当化する米軍に面目保ち、立派な口実を与えることになる。


05/10,
ホワイトドラゴンには5月初、中国本土から二人の代表の接触があった。中国共産党政府の安全保障組織を代表する一人は「金塊は12.5kgのインゴットであり、すぐに香港で引き取ることができる。もし5月16日までに受け入れられないなら、中国はこの問題について一方的な行動を取る」。白龍会はドルシステムの現状の支配者がこの金塊を拒否した場合、米ドルに対して何らかの行動を起こすだろう。


05/17,
ヘッジ・ファンドの影の銀行世界もまた、彼らがもはやFRBから内部情報を取得できないので、巨大な損失に苦しんでいる。


05/24,
近親者とCIAによると...
「ハザールマフィアの長はジェイコブ・ナサニエル・ロスチャイルド男爵」
彼は新金融システムの阻止と地球の利益のためのアジアの金塊の使用を抑止し、中国元とロシア・ルーブルを除く米ドル、ユーロ、日本円と多くの他の通貨の発行を支配するハザール・マフィア大組織のトップである。アジアの長老達が貧困を終わらせ、環境破壊を止めて地球を天国に変えようとして将来計画期間を設立するために13%割引価格で金を提供した時にそれを阻止した。計画はBRICS諸国、国防総省、多くの機関そしてロスチャイル自身の親戚さえ多くもが支持した。
もし、彼がこのニュースレター発行後24時間以内に、妥協の交渉に白龍会に接触してこなければ、白龍会は彼を排除するために説得できる人物に香港で手に入る1トンの金塊を提供するつもりである。「我々はあなたが、英国バッキンガムシャ-のワデストンのあなたの国の自宅ではなく、スイスのツークのマーク・リッチの元の家に隠れているのを知っている。隠れても、それは無駄になる。」

ハザール権力の主要源である彼らの所有の中央銀行はまた重大なサイバー攻撃下にある。
アノニマスによると...
匿名のハッカーグルークはイングランド銀行、FRBのボストン支店、フランス銀行と20の他の中央銀行など世界中のコンピュータシステムをシャットダウンさせたが、彼らが言うには、彼らに対する運動の展開の始まりに過ぎない。これらの攻撃は普通の人の毎日の業務に影響を与えず、当にハザール寡頭に影響を与える方法で計画されている。



<パナマ文書流出問題>
,04/05,04/12
米国では、パナマ製紙会社と脱税計画に関するデータの流出は帳簿外のハザール暴徒の数兆ドルの避難所「ケイマン諸島」の閉鎖を意味している。このことは、全てのハザール人の租税回避マネーがネバタ州リノに集まっていることを意味している。
最近メディアで広く報道されている「パナマ文書」作戦には裏があると複数の情報源が認めている。
ウクライナ、UAE、カタール、グルジアやサウジアラビアのようなハザール暴徒ナチ派と関連付けられている国々の指導者達は、大きな計画のヒントを提供している。
CIAや他の情報源によると「パナマ文書は世界で31兆ドルの租税回避資金を米国へ誘惑するために計画された巨大なおとりで、米政府の口座の中の巨大なブラックホールに接続されて没収されるだろう」。
それが、ブルームバーグやウォールストリートジャーナル等の統合メディアが「ネバダ州リノは投機資金にとって世界で最も安全な場所」だと大きな記事を書いている理由であり、顧客にロスチャイルド「リノ店」で資金運用することを奨励している。

さらに重要なのは、パナマ文書作戦は世界中の租税回避地を閉鎖する主要な運動の一環である。既にケイマン諸島のような「英国の租税回避地」は、新公開規制によって地下資金を隠したり、税の回避を助けられなくなっている。
米軍情報機関の関係者によると...
パナマ文書は汚職を暴露し、政権交代(米国を含む)を誘導することを目的とした情報作戦であり、盗んだ戦利品を租税回避地に隠した徒党メンバーを恐喝や起訴するために計画されている。
パナマ文書では公にされていない幾つかの名前に「ヒラリークリントンのチーム、ブッシュ家や多くの米寡頭勢力、政治家と判事が含まれる」。

パナマへの応答としては、「エリートはパニック状態で、確証的証拠の隠滅の為の失敗した企みで内国歳入長本部の地下で火をつけた」と代理人は指摘している。

パナマ文書作戦は西側統合メディによって「ロシア大統領ウラジミール・プーチンが隠れた租税回避取引に関与している」かのように見せるために使われた。しかし、ロシアの情報源は、この攻撃がソ連共産主義と密かに協力していたアメリカや欧州の協力者を識別する1930-1989年のソ連の記録を極秘を外し始める必要があるという口実を与えたとしている。
ロシアはまた、ヒットラーと協力した家族と企業を公開することになる。


05/02,
CIA情報源によると...
物事がハザール派にとってうまく行っていない他の兆候としては、ドイツ連邦情報局「外国情報機関長ゲルハルト・シンドラー」はパナマ文書の管理を失った理由で先週解雇された。パナマ文書の中心「法律事務所モサック・フォンセカ」は連邦情報局の資産であった。


■■■■■日本国内
【2016/01/14,20,28】
明治天皇はハザールマフィア(★恐らくロス・チャイルド)による替玉の操り人形。戦前はロシアが裏で管理、戦後はロックフェラー(三菱グループの支配者)。
★注釈:ロスチャイルドとロシアは敵対していたとのソースも有るが?実は裏で繋がっていたのか?つまり日露戦争はロスチャイルドが仕組んだ八百長って意味か?

日本はブッシュら旧ナチスのハザールマフィアに支配され、かなり深刻な状態。弱者を排除する事が前提の政策なので、吉祥寺のホームレスが自由の無い施設(実質的には強制収容所)に入れられ、また老人は見殺しにされている。もし、ホームレスが消されていたとしたら、安部晋三もアメリカ軍良識派の特殊部隊に殺される(かもしれない)よ!
★注釈:アメリカでは既にホームレスが大量に消されている可能性が有る。奴隷国家「日本」も同様の事が起こり得るだろう。職業における需要と供給...今後も低所得者が増加して多くの職種で需要が無くなって失業者が増えるだろうから、多くの若い世代や定年後に蓄えの少ない人達は同様の目に合うかもしれない。「不幸な人間を生み出す」国家は存在する価値すらないのでは?既にアメリカは気持ち悪過ぎるレベル...最近、FEMAに収容された反政府人物への見せしめに使われると思われる「ギロチン2万台」が配備された...メーカーは「シャネル」...この有名ブランドもハザールマフィアの所有物なのか?悪魔崇拝者ハザールマフィアが「正統なキリスト教徒を惨殺する為の道具」とのソースも有る。
↓ソース元


2015年のイカサマ選挙の不正集票マシーン「ムサシ」の製造元は三菱の上層部に君臨する安部一族「安部晋三」の祖父が大株主だった会社「武蔵エンジニアリング株式会社」。
★注釈:現在の大株主は当然...孫の安部晋三なのだろう。

ハザールマフィアへ日本の富を流失させている売国奴「安部晋三・麻生財務大臣・黒田日銀総裁」ら犯罪者は国際警察による逮捕の対象になる。日本の法律では「暴力団対策法」が該当する。

自民党「山田賢司衆議院議員」を告発した元秘書が暗殺される(?)【2016/02/11】
★注釈:地元の神戸新聞しか報道していない。大手メディアは絶対に報道しないので普通の人は知る由もないが、過去にも政治の不正を正そうとした人物が何百人単位で消されているのだろう。今回も自殺で片付けられるのなら、未だ日本は何も変わっていない事が証明されたと言える。殺害には朝鮮ネットワークの実行部隊「山口組」が関与しているのでは?

甘利大臣の失脚はアメリカ軍の良心派と検察特捜部が裏で動いていた?真のターゲットはロックフェラーの日本の窓口「安倍晋三・三菱グループ(岩崎一族)」
ロスチャイルドと中国が手を組んで「小沢一郎政権」を推している。
★注釈:ロスチャイルドは「アメリカ影の政府のトップ」とのソースが有るがナゼ中国と?..自民党政権の影の大ボスなのにナゼ小沢一郎政権を?...中国とアメリカを敵対させて武器を売って借金させてガッポリ儲けるのはいつもの常套手段ですが...
もしくはロスチャイルドはリアルにアメリカ影の政府から失脚しているのか?だとすると...
ナチス残党(ロックフェラー・ブッシュ)vsロスチャイルド

アメリカと北朝鮮は裏同盟国。最近の水爆実験も含め、核兵器はアメリカ(影の政府)が提供。目的は韓国と日本に「軍事の増強=軍事費拡大」を正当化するため...つまり民衆からの富(金)の詐取。
★注釈:推測だが北朝鮮はアメリカの裏貿易部門のアジア本店...取扱商品は主に兵器と麻薬の密売。ロスチャイルドが北朝鮮をアジアの拠点にしようとする理由として整合性が有る。てか、そもそも明治から日本は実質的に朝鮮の支配下に有る。現実に日本は在日企業だらけ...その理由は明治に主要なポストを与えられて地位&富を得た事と、在日特権による各種税の免除(減額)の恩恵が有るからで、純日本人の企業家が、不公平な条件での競争に勝つ事は永遠に有り得ないし、個人事業主レベルで生計を立てる事すら困難なのが現状。日本で恒久的な事業をやりたいのなら、在日に関わる事が必須条件になってしまっている。
↓詳細のソース元 by 桜満開さん
在日系企業の脱税のからくり

★注釈:2月7日の「北朝鮮のミサイル実験」でマスコミが大騒ぎしていたので、その裏にはハザールマフィアの陰謀や目的がある筈なのだが...ベンジャミン氏によると「日本と朝鮮半島(韓国と北朝鮮)の統一国家を実現しようとする勢力がある」...恐らくロスチャイルドの事だろうが、それと何か関係が有るのか?これまでと違って今回は中国が強硬に北朝鮮を批判しているので、中国と対立する勢力「ナチス残党のハザールマフィア」が北朝鮮に指示したと思われるが...実は秘密裏にロスチャイルドの存在が有るのか?その目的は日本の世論を「中国・北朝鮮の脅威に対する軍備力の増強」へと誘導する為か?ミサイルが沖縄に向けられた事から石垣島や宮古島などへの基地の新設及び武器の配備の為の口実作りか?

日本の借金1200兆円。つまり国民の貯金1400兆円の殆どがハザールマフィアに詐取され、残っているのは実質的に140兆円あるかどうか位だろう。
小泉・竹中の政策によって、日本の全上場企業の株式を財団経由でハザールマフィアが所有している。現在は、日本銀行と安部政権が株式市場を操作してマネーロンダリングによってハザールマフィアへ日本人の富(金)を提供している。
1月末に財務省と金融庁のコンピューターが(アノニマスに)ハッキングされデータが流出した。売国行為「アベノミクス」によって年金や預金が誰に流れたのか?海外でその裏付けの調査が行われている。
★注釈:国民への返金分「1400兆円分の紙幣」を日銀が増刷しても、実質的には140兆円分の価値しかない。つまりその時には缶ジュースの価格が現在の10倍=1200円のハイパーインフレになっているのかもしれない。
★注釈:同時期に厚労省や警察庁などでもアノニマスにハッキングされデータが流出(?)...日本は全ての公的機関がハザールマフィア(又は朝鮮ネットワーク)の支配下に有る。仮に両手両足が縛られた状態で刃物が刺さった遺体が発見されても、警察に指示が有れば確実に「自殺」として処理される。それらの証拠を得る為にハッキングされたのだろう。
★注釈:アノニマスはお互いの存在すら知らないような、組織として見れば極めて脆弱...複数の個人が勝手にアノニマスを名乗っているだけみたいだが、その中に対ハザールマフィアの勢力に属する者も多数存在するのだろう。

【2016/02/04】
沖縄のアメリカ軍関係者によると、竹中平蔵などと関係のある山口組の幹部「南部」が1週間以内に消される。真のターゲットは売国奴の現内閣関係者「安部・麻生・日銀黒田」
↓朝鮮ネットワーク(一部)相関図 ソース元 「ASKA(飛鳥涼)とパソナ南部、政界の人間関係」by takanojyou's noteさん
korea01.jpg
★注釈:アメリカ影の政府(ハザールマフィア)による麻薬などの闇ビジネスに関するアジアエリアでの密売ルートの大御所が朝鮮ネットワーク「北朝鮮・創価学会」である事を示唆している。その実行部隊が山口組。

リチャードアーミテージが実質的な日本のトップ。そして天皇を馬鹿にしている。
★注釈:それが事実なら天皇のフリーメイソンでの地位はあまり高くない!って事ですね~

最近、天皇がフィリピンに訪問した真の目的は、戦時中に略奪し持ち帰り損ねた金品を持ち帰ること!だが手ぶらで帰ってきた。
★注釈:恐らくハザールマフィアの指示...しかし略奪した金品を返して貰える筈が無い!!!ww...遂に堕ちるとこまで堕ちたのか?

【2016/03/01】
アメリカの女性「エバ」によると、日本のハザールマフィアのネットワークは元国務省当局者「アフルレッド・サルザー」によって率いられおり、白龍会に全てのメンバーの名前を渡した。エバに何かが起これば、ネットワークが一掃されるだろう。
登場した第三番目の代理人は自ら日本のCIA代理人の息子だと述べた。彼は薬物のスコポラミンを扱っていると述べた。彼は確かに奇妙は方法で盗聴マイクを取り付けて登場した。彼は米軍関係者や政府関係者に限定されている東京ニュー山王ホテルでワインのボトルをもらった。そこは米の日本ハンドラーが腰ぎんちゃくに指令を当てる場所として知られている。
彼は2014年初期の300ページのアンネフランクの日記のコピーが38の図書館で引きちぎられた事件の責任者であったと述べた。彼はイルミナティの洗脳プログラム「MKウルトラ(トラウマによるマインドコントロール)」を受けた人物であると思われるが、彼の仕事が白龍会と関係があるかは明らかではなかった。
いずれにしろ、(デジタルやインターネットではなく)アナログ通信によるこれらの人々の登場は、深刻な権力闘争が起きている事を示している。

,03/15
グノーシス・イルミナティ団長アレクサンダー・ロマノフがNSAの要求として、3月初旬に白龍会を訪問して来た。NSAは、311核津波攻撃の直前の2011年3月10日に行われた会議の詳細を望んでいる。
白龍会によると...
津波核攻撃の2~3時間前の3月11日12:34に送られたGPS信号が東京の近くの小笠原諸島を通過する波と放射能への謎の防護システムを起動させるために送られた

と言う事実を開示した。これは、この残忍な加害者によって意図した大東京から5千万人を非難させる必要はなくなった理由です。これは福島から多くの放射能が消えた理由でもある。(★何者かが東京を守ったと言っているようである)
3月2日にインドネシアの海岸襲った6.8マグニチュード地震によって引き起こされた津波もまた、防護システムによって防がれた。
ロマノフによると...
CIA植民地「北朝鮮」の金正雲は将来統一される韓国と日本の国の皇帝になりたい、金は最近王座に座っている。「ロスチャイルドの傀儡より正当な皇帝になれる」。
北朝鮮はロマノフを経由しないで白龍会と接触する方法を知っているので、この問題をどうするのかは知るのは難しい。しかし、北朝鮮に課されたロシア、中国、米国と日本の制裁で実際に苦しんでおり、北朝鮮を交渉のテーブルにつかさせている。これが本当の交渉策略かもしれない。

,03/22
この著者は3月31日に放送される日本の主要なTV番組に参加。それは世界の人口の90%を殺すと言う欧米徒党の計画に関して日本の公の明確な証拠を示すことになる。

その番組は悪名高いジョージア・ガイド・ストーンの場面を含んでいる。また「ダイアナ妃が殺された理由」についての議論や「アメリカインディアンと宇宙人との接触」が含まれている。これは情報開示の過程の始まりと思える。
この番組は駐日大使「キャロライン・ケネディ」に承認されていると思われ、父親の大統領ジョン・F・ケネディはハザールマフィア徒党の支配から逃れるために、アジアの金塊を米ドルに置き換えるために使おうとして殺された可能性がある。

国防総省情報源によると...
米韓大演習の時に、米軍によって沈められたと報告された北朝鮮潜水艦は、実際は米国へ核ミサイルを発射して北朝鮮の所為にしようとしていたイスラエルの潜水艦であったと、日本の軍事情報源が言っている。これは最近、ドイツによってイスラエルに届けられた潜水艦であると、国防総省情報源は言う。
米軍によると...
最近沈没した北朝鮮の潜水艦は本当はイスラエルの潜水艦であり、3月11日に福島の追悼として沈められた。しかし、国防総省情報源によると「イスラエルはまだ2艦の潜水艦を持っており、そして311の後の友達作戦で日本を支援した16の米艦船が依然、汚染されたままであるので、さらにもっと代償を払わさせるべきである」。

,03/29
日本の財務大臣麻生太郎は「1930年代の米国は今の日本のように、デフレに苦しんでいて、米国をその状況から抜け出させたのは第二次世界大戦であった。我々はそのきっかけを探している」...つまり安倍政権はファシストの顔をさらけ出した。

,04/05
昨夏に始まった山口組の分裂は、日本最大のヤクザビジネス(合法と非合法)はこれらの二つの派閥の間の分割を反映している。
神戸に本拠を置く北朝鮮山口組は北朝鮮で製造されるアンフェタミンからの収入にほとんど依存している。アンフェタミンのような麻薬とマリファナのような漢方薬は北朝鮮の店頭で購入することができる。
名古屋の本拠を置く弘道会派は麻薬とは無縁で、公共事業のリベート、大手銀行等への入り込みに依存している。彼らは菊王位の皇室家族を支援している。

白龍会は取るべき和解の最初のステップとして、韓国と日本の皇室家族の状況について真実を明らかにすることを提案している。これらの家族が日本と韓半島を統合する彼らの計画を満たそうとするならば、北朝鮮と日本の王室の間である種の戦略的結婚が続く可能性がある。中国政府当局者は「その統合に反対ではないが、現実にはメリットがない」。

,04/12
日本の白龍会によると...
英国の船で米国に輸送される日本のプルトニウムに関し、安倍晋三政府は日本の核武装ミサイル兵器の解体を余儀なくされ、それを防ぐ為に北朝鮮に送られた。

地球の為の戦いが終了すると、私に対する殺人計画に関与していた安倍を起訴する予定である。2012年6月30日に北朝鮮代理人「大久保まつあき」によって毒針で刺されたからである。この事件は多くの証人の前で行われ、さらにビデオ撮影されている。一度目は武蔵野警察、もう一度は丸の内警察への公式の警察への苦情を二回行ったにもかかわらず、安倍日本政府は何も行動しなかった。つまり安倍が加担していることを意味している。さらに朝堂院大覚は大久保が彼の弟子であった事を認めているが、彼はまた本件で行動することができなかった。

安倍政権はまた、ハザール暴徒を財政的に支援するために、日本の年金資金と貯蓄を株式市場に投入する形で行われた。それが日本の株式市場が上昇し続ける理由です。

日本から略奪された金はウォール街のハザール銀行家を救うのには十分ではない。何故なら、彼らの唯一の合法的収入源であるエネルギー価格の低下に麻薬資金と投資銀行手数料の損失が出ているからである。銀行家によって組織された大型合併の殆どが反競争独占や寡占を作り出すと言う理由で止められた。

,04/18
白龍会と中国との間で作業中の他の取引は日本に関係している。アニエリ兄弟とエブリン・ド・ロスチャイルドの報告によると「最終的に首相安倍晋三は退場する必要がある」事が両サイドで合意している。中国は長い間、政治家で黒幕の小沢一郎を押しているが、彼は非常に反米的である理由で、TVタレントで元宮崎県知事の東国原が後継に検討されている。東国原は記念祭と資産の再配布を主催するだろう。

アジア秘密結社の情報源によると...
日本は今、マリファナの完全な合法化を準備しており、アジアの秘密結社に生じたぼろ儲けを支配しようとしている。一方、大塚製薬は医療大麻産業において主要なプレイヤーになろうとしている。


05/02,
ロシアの保護を求める他のグループは日本である。それは第二次世界大戦後にここに置かれた政権は完全に米国に依存していたからである。三本足烏秘密結社の情報源によると...
米国が破綻した場合、北朝鮮の傀儡によって運営されるその政権は直ちに日本人によって打倒されるであろう。天皇裕仁は自分の本当の息子をアメリカの手に落としたくなかったので、現在の天皇は天皇裕仁の息子ではない。本当の息子は今、日本の地下反対勢力のトップである。

これは現在の日本政府が今月末の三重サミットにG7会合にロシアを参加させようとしている理由です。
ロシア情報源によると...
ロシアは正確に安倍とその政権はロックフェラーとロスチャイルドの奴隷であるので支持できないと見ている。


05/17,
日本NHK放送は1944年に日本軍の航空機工場がポンポイントの人工地震で攻撃されたドキュメンタリーを放送した。これに続き、米B29は「次は何をお見舞いしましょうか?」と言うビラをばら撒いた。1944年の地震の地震計の記録は2016年4月、旧称宇野日本軍基地に集中した群発地震のパターンと同じである。

★注釈:この番組を制作したNHKプロデューサーの五十嵐忠夫さん夫妻が、この番組が8月10日の午前0:15~0:40に放送されたその日の昼に自宅で遺体になって発見されている。警視庁田園調布署員が発見したとのことです。

それらの攻撃に用いられた最も可能性のある技術はニコラ・テスラ発信機に基づくものであろう。
Tesla’s oscillator~wiki

これらは1930年代に米政府によって軍事機密となった。日本の地下組織は最近の地震攻撃に対して報復をすると言っている。


■■■■■アメリカ情勢
【2016/01/14,20,28,,02/15,,03/08】
現在のアメリカの実質的なトップは軍の最高司令官「ジョセフ・ダンフォード」。

ハザールマフィアの資金源の一つ「麻薬利権」が良識派によって流通が止められている。下部組織「IS」など傭兵のテロ組織への報酬が減額されるなどの影響が出ている。
アメリカでは麻薬密売ルートとして学校の先生が生徒に売り、子供が麻薬漬けにされている。
また、偽ユダヤマフィア達は麻薬を買った人を逮捕して民営刑務所(つまり工場?)で奴隷労働させている。
★注釈:真の麻薬王は「ブッシュらハザールマフィア」。ブッシュの親分がロックフェラー

医療マリファナが全50州で今は合法になり、彼らは巨額の麻薬利権を失った。

メキシコ麻薬王「エルチャッポ」が逮捕され、クリントン・ブッシュらハザールマフィア達の麻薬資金ルートを供述。
FBI長官が犯罪の証拠が出ている「ヒラリークリントンの起訴(逮捕)」を要求。FOXテレビでも報道された。現在はメディア王「ルパート・マードック」もハザールマフィアの対抗勢力側にいる。
ヒラリークリントンの逮捕は非常に急速に動いている。ヒラリーのレスビアン恋人で側近のフーマ・アベディンは起訴され、彼女のIT担当の男性は証言と引き換えに恩赦を得ており、大陪審は彼女のこれからの起訴に対して召喚する人の面接に多忙な状況。FBIによると「罪名は国家機密の漏洩と、とりわけ秘密政府のようなクリントン財団を使用したことが含まれるだろう」。

ローマ法王がメキシコでブッシュ・ハザール・ナチ派への麻薬資金の遮断を確実にしようとメキシコにいた時に、カトリック民族イタリア人のスカリアがブッシュ一族の本拠地テキサスで死んだ。複数の情報源はまた、カトリックである司法長官ジョン・ロバーツもまた先週、殺人計画をかろうじて生き延びたと主張している。

フランス元大統領サルコジの飛行機から大量のコカインが見つかり取締りを受けている。

【2016/02/15】
2月上旬ハザール・マフィアが支配する国家国土安全保障省に対する不正アクセスがあり、従業員10,000人の個人情報が国防総省とホワイトハットへ提供された。国防総省情報源によると「米企業政府の破産宣告に続くであろう内戦に対する準備の一環として行われた」。

ハザールマフィアは、米市民を恐喝する企みでスーパーマーケットの棚を空にし、食料不足による恐怖を引き起こしてきた。
しかし、共和国復元支持者達は負債を帳消しにし、盗まれた資産を人々に返却し、米ドルというハザール負債奴隷手段の偽印刷物を置き換える新米通貨を発行することを含む代替案を持っている。そのようなシナリオにおいては、現政府に代わる破綻した新政府は「支払い不可能な国際債務負担を支払う義務はない」と自ら宣言することになる。

【2016/03/01】
最高裁判所判事「アントニン・スカリア」が殺された。国防総省情報源によると彼は「米軍と連携し炭素取引税に反対し、ハザールグローバル企業に対する集団訴訟を支持していた」。ハザール暴徒は最近、最高裁判所判事のジョン・ロバーツと米将軍ジョセフ・ダンフォードに対する殺人計画に失敗した。また、ジョージ・ブッシュ・シニアは先週、米大統領候補ドナルド・トランプを公然と殺すと脅した。ブッシュは息子ジェブが911、麻薬密売、コカイン使用、殺人他によって辞退させられたので怒っている。しかし、国防総省情報源によれば「大統領選からのジェブの撤退でブッシュ家が許されることはないだろう」。
殺人計画は単に、米軍、マフィア、バチカン、フリーメーソンと米国の全ての愛国者達が悪魔崇拝ハザールマフィアを破壊するために結束の決意を強くするだけである。

ハザール暴徒の黒幕で中国マカオのカジノのボス「シェルダン・アデルソン」は買収した警察職員が逮捕され、中国の脅し「金と権力の源のカジノを閉鎖させる」によって、米政治に関与出来なくされている。
また、他の黒幕の一団であるコッホ・ブラザーズが自身の為に白龍会に暫定的申し出を持って接近してきた。


,03/15
国防総省情報源によると...
アメリカ選挙はドナルド・トランプと副大統領バイデンのどちらかになる可能性が高く、バイデンは自分の時を期待しており、ヒラリークリントンが起訴された後、踏み出す準備をしている。軍によると「ヒラリーの調査を止めようとした者が不正が行われた可能性のある大陪審に関与している」。


FBI情報源によると...
2013年に米国ショッピングモールでケニヤ風虐殺を演じるためにキオスクを利用しようとしたイスラエル・モサドのテロ関係者を逮捕すると明らかにしている。このターゲットになったモールのイスラエル人所有者は多額の保険金を得るのが目的。


,03/22
同様に米内部でも、ハザールマフィアの引きずり降ろしが加速的に進んでいる。例えば、共和党大統領候補ドナルド・トランプの各種の死の脅迫はシークレット・サービスや他の法執行機関によって処置されている。ジョージソロスによる雇われ暴徒もまた処置された。
ヒラリークリントンへの攻撃もまた、ニューヨークタイムス宣伝屑さえもが、クリントン家は米国のウラン鉱山を彼らの寄付に平行してロシア人の手渡したと言う話を出してくる程度までに拡大してきた。
一方、ハザール・ユダヤ人「メリック・ガーランド」を最高裁に据える企みは大きな反発を招いている。ガーランドはオクラホマ市爆破事件の隠蔽に関与しており、銃の規制を支持している。彼の任命は、共和党、バチカン、軍隊、NRA、民兵や多くの他者が反対している。まるでハザール暴徒支配への反対を駆り立てるために意図的に選ばれたかのうようである。
FBIによると...
攻撃を受けている他のハザールマフィア拠点は、広く罵られているモンサント社である。食品にGMO(遺伝子組み換え)作物のラベル付けを禁止するから彼ら企みは裏目に出て、今はゼネラルミルズとキャンベルスープを含む多くの主要食品メーカがGMO食品のラベル付けを約束している。さらに、FBIはGMOを使用していないと発表した

後に、チポトレファーストフードチェーンに影響を与えた様々な食中毒の発生を徹底的に調査している。最初の証拠は罪人として「モサドのチンピラ」を示唆。


,03/29
ニューヨークタイムズがバール神(サタン)を祭る門がニューヨークとロンドンに建設されていると報道。
その後、ヒラリークリントンがモロク(★サタン)へ鶏を犠牲にすることについて書いたメールが漏出。返信の内容「屋根裏の箱からの古い兎の後ろ足を出して祈っています、私はモロクに裏庭で鶏を生贄として捧げるつもりです」。
モロクは古代バビロニアでは子供が焼かれて犠牲になった生贄儀式で崇拝された神の事。

NSA(国家安全保障局)と機関ホワイトハットがイスラエルやナチスのハザールマフィアを打倒する手助けの為に暴露している。
米軍情報機関の情報源によると...
事実、ホワイトハットが動いている明確な兆候として、米トップの将軍ジョセフ・ダンフォードが先週グーグルの最高経営責任者エリック・シュミットを国防総省へ召喚し、この会談で、シリコンバレーは国防総省の支配下にあると伝えた。これによって米大統領選挙を電子的に不正をすることが非常に難しくなったはずである。ヒラリークリントンの最近の連続敗北は不正投票が止められた証拠かもしれない。

これを強調するかのように、インテル創業者であり、ハンガリー系ユダヤ人でシリコンバレーの長老政治家アンドリュー・グローブは、この会談が行われていた頃に死亡したが死因は未公開。
オラクルの情報源によると...
グローブは全てのインテルコンピュータ・チップに、誰のコンピュータでも完全にアクセスを可能にする裏口をつけた責任がある。国防総省のシリコンバレー支配はハザールマフィアへの情報の流れをほとんど完全に劇的に遮断している。
これらがインターネットによるハザール人黒幕のトップ達が暴露されている理由かもしれない。

また、米大統領選挙ではドナルド・トランプがユダヤAIPACロビーに対する演説は、テレプロンプターからの事前に吟味した内容だったと多くの米拠点の情報源は強調している。ユダヤロビーに対するトランプの叩頭は彼に対する暗殺を防ぐためと、またユダヤ人自身をハザールマフィアのマインドコントロールからの解放の助けが目的であった。演説の直後にトランプはインタビューで「米は無料で他国の軍事的防御をやめるべきだ」と述べた。これまでの大判振る舞いの最大の受益者はNATOとイスラエルである。
トルコを含むNATOに関するトランプのコメントはまた、米軍はトルコをロシアから守るためには戦わない事を強調することが目的であった。米軍の支援なしではNATOはロシア軍に対抗出来ないだろう。また、実際には日本は米軍の費用を支払っているのに「日本は防衛にただ乗りしている」と勘違いしているようだ。

他の主要な進展としては、ブッシュのアメリカ治安部隊「ブラックウォーター」創設者のエリック・プリンスは、資金洗浄、殺人、武器密売他を含む大規模犯罪リストによって司法省が近づいてきたので、米国から逃げ出さざるを得なかった。プリンスは今、ハザールマフィアの本拠地トルコにいる。しかし、トルコ大統領レジョップ・エルドガンは偏執狂で孤立しており、権力の座に留まれないか、あるいはプリンスをこれ以上匿うことはできないだろう。中国政府情報源によるとプリンスは中国のアフリカにおける業務を保護するためのサービスを売り込もうとしたが、中国は単に彼の作戦を知るために興味を示すふりをしただけだった。


,04/12
ヒラリークリントンを逮捕するFBIが勢いを増している。先週、大統領オバマはフォックスTVで「ヒラリーは特別扱いはしない」と約束することを余儀なくされた。それは司法取引も恩赦もないことを意味している。彼女が公式のポストにいる間に、民間外交政策と情報操作の実行に関する重大な犯罪で、FBI長官によってまもなく尋問されることになっている。
うまくゆけば、ハイチの人々に対する犯罪と、海底核兵器による津波攻撃の犠牲者の為の赤十字の募金の横領に対しての正義がもたらされるであろう。


,04/26
FBI情報源によると...
ニューヨーク警察とニューヨーク市庁を含むハザール暴徒の贈収賄を暴露し続けるFBIの調査もある。米メディアはヒラリークリントンによる「不正に選出」の企みについて、ニューヨークポストの見出し「しくじった大統領予備選後に立ち上げたニューヨーク不正投票に関する調査」を報道している。
そして、全米マクラッチ新聞チェーンと多くの他の企業メディアが「パナマ文章の内部;複数のクリントン関係」のような見出しに繋がるクリントンのパナマ文書に関する報告がある。

彼等の汚職や彼らの犯罪行動の複数の調査のオープンなメディアのそのような暴露は、クリントン家がもう終わって兆候であり、そのことはジョージ・ソロス、ロックフェラー家、ブッシュ家らもまた終わってしまうだろう。

現在進んでいるFRBを所有している大銀行の崩壊は国家安全保障の最重要の問題として、米軍と政府機関によって討議されている。将軍が理解しなければならないことは、
米国はこの地球の歴史の中で最も重債務国であるということである。


05/02,
複数の情報源によると...
ゴールドマンサックスが1ドルの最小預金で小口銀行を始めた事実は、彼らは必死に本当の金を得ようとしていることを示している。FRB所有者は依然、預金の窃盗で債権者負担を組み立てようとしている。それが、三人の元FRB議長、ポール・ボルカー、アラン・グリンスパンとベン・バーナンキが現在の議長ジャネット・イエレン、副大統領ジョー・バイデンと大統領オバマとロックフェラーセンターで最近会談したことである。
グノーシス・イルミナティのロマノフは「これが行われることは許されない。もしそれを止めるために6,000人を殺さなければならないなら、それは我々が実行する」。
彼らはすでにサウジアラビアから盗める物は何でも盗んでいると思われる。それが4月末に、サウジ・ビンラディン建設会社の労働者が6ヶ月以上も賃金が払われていないことへの欲求不満にバスに放火した理由です。


05/10,
世界権力構造の最高レベルにおいて、今起こっている深刻な変化は既にニール・キーナンによって述べられているが、米大統領バラク・オバマは4月30日のホワイトハウス特派員夕食会でワシントンの記者団に、「共和国の終わりは決してよいものではない。私の最後の-おそらく最後のホワイトハウス特派員夕食会に出席できて光栄である」と語った。

さらにホワイトハウスは5月6日、「平和的な権力移行」の為に詳細な計画(大統領命令「大統領移行の促進」)を出した。

国防総省情報源によると...
米政権が変わった一つの非常に明確な兆候は、1500人のイエール大学秘密結社「スカル&ボーンズ」の記録が米国務長官「ケリー」、ブッシュ家と他の徒党メンバーを暴露するために公開させるという事実である。この開示は、悪魔主義者が米最高権力を失っている明確な兆候である。

白龍会関係者によると...
ハザールマフィアによる米国民と米貿易相手国からの40年以上に渡る略奪の引き金となった金ペグ制の終了を、白龍会メンバーは認めている。中国の金の提供はこの略奪に永遠の終止符を打つだろう。


国防総省情報源によると...
サウジ側のCIA長官ジョン・ブレナンは911報告書の未公開28ページの公開に反対して米政権構造の中で孤立している。「彼はサルマンから多額の賄賂を貰っているのは間違いない」。
このような状況下で、CIAボス等であったディック・チェイニーは米政権構造の変化を感じ取って、ブッシュ家に敵対してドナルド・トランプを支持している。これは彼を暗殺から避けるために役立つかもしれないが、911犯罪者連行を免れる物ではないだろう。


05/17,
米軍産複合体の中には金塊の提供を受け入れる必要はなく、今は彼らはFRBを引き継ぎ米の問題を解決するためにドルを印刷できると考える人々がまだいる。共和党大統領候補のドナルド・トランプも明らかにその一人である。5月9日にトランプはCNNで「人々は私が負債を購入しに行き、デフォルトしようとしていると言うが、これらの人々は狂っている。ここは米国政府です。第一に、お金を印刷すれば良いのでデフォルトは決してない。」
トランプが理解できていないことは、米国はそれが国内で使う金は全て印刷できるが、外国人は実物に交換できるものに裏打ちされていない無制限のドルを受け取らない。米国は今ではすでにデフォルトしていることが外国の債権者の関心事である。5月2日に米国の植民地であるプエルトリコが422百万ドルの債権支払いに最近失敗したことは、事実上は米国政府の債務不履行である。その債務を自国民から借りている日本政府と違い、米政府はその維持を外国人に依存している。正当な理由で、これらの外国人はもはや米国の紙幣を信用していない。これが、米国が、彼らのドルを裏打ちするために非常に寛大な中国の金の提供を受け入れることが必要な理由です。彼らが交換条件に求めているすべては世界平和です。
トランプは次の米大統領になる可能性が非常に高いと思うので、彼は米国が壊滅的経済崩壊を避けるためにこの提案の背景を考える必要がある。米国は国際的義務を外れて印刷することはできない。
いずれにしても、米軍産体制はトランプの方向に引き寄せられている。
国防総省情報源によると...
先週、ブッシュ大統領のジム・ベーカーはブッシュ家を離れてトランプと会った。彼はディックチェイニーに統合した。


05/24,
米国のハザール全てのグループが彼らのリーダーを送り共和党大統領候補ドナルド・トランプに彼らの計画に沿って進むよう説得することで支配を維持しようとしている。それが、ヘンリーキッシンジャー、ディックチェイニー、ジェームス・ベーカー、シェルダン・アデルソン他が最近彼に会いに行った理由です。
国防総省情報源によると...
これらの人々が何を言おうが「ドナルドは依然、彼のハンドラーによるアメリカ人にとって最良なことをすると言わされている」。トランプのバックにはバチカン、NRA、ロシアがついており、クリントン/ブッシュマフィアとは全く異なる課題に従っている。

【PR】

この記事へのコメント

  • ユダヤって糞だね。
    日本人とは正反対なんだね。
    2016年05月13日 01:57

この記事へのトラックバック