【重要】宇宙人と世界政府~火星移住計画と目的

【更新:2016/10/16】
■火星政府
ソース元

<2012年アイゼンハワー元大統領ひ孫がアンドリュー・パシアーゴと共同声明>
アイゼンハワーひ孫は1981年に2回、そして2006年に火星に行ったと証言。
アーリア人やインド人、ケルト人、ペルシャ人、ギリシャ人、スラブ人などが火星人として既に住んでいる。
★注釈:それが事実なら「火星政府」の存在も事実なのか?「火星はレプティリアンの基地が存在する」との多くのソースが有り、支配しているのは当然レプティリアンなのだろ...

<火星での前世の記憶を持つ少年>
ロシア人「ボリシカ」は今から約80万年前に火星で生活、貿易の仕事をしていた。当時の地球「レムリア文明」は天変地異で滅んだ。

■オバマは火星に行った

<動画の内容>
2.地球人はプレアデス星人(銀河連邦の一員)の遺伝子を持つとされ、他の惑星から来たドラコニアンや他のレプティリアン(爬虫人類)によってDNA操作され本来12本の鎖が2本に減らされ、爬虫類DNAが埋め込まれる。爬虫類脳はグぐると沢山出てくるから周知されていたみたいだけど。。。専門家達に疑問は無かったのか???
★注釈:地球人は22種類の宇宙人のDNAを持っていて、基本は12本とのソースが有る。MJ12はそれが由来。

3.銀河連邦は他の星に干渉しないが、文明破滅の危機には救いの手を差し伸べる。
4.イルミナティ(レプティリアン)は2012年12月26日に第三次世界大戦の勃発を目論んでた節がある。その数日前に銀河連邦による光子が地球に降り注ぐ。光子はDNAの修復が目的。
イルミナティは地球人とレプティリアンとのハイブリッド。
5.ロシア首相が宇宙人とのコンタクトを示唆!=プーチンは銀河連邦側である。
ロシアがアメリカと宇宙人との関係を暴露すると脅す。=アメリカ(裏の政府)は地球侵略側である。
★注釈:宇宙人の技術と引き換えにグレイ(トールホワイト)に人類の誘拐及びDNA提供を許可した事か?

6.ウクライナに農業利権が目的のユダ金マフィア系の大統領が就任。プーチンが救済に入る。
7.プーチンがシリアに援助物資を空輸、しかしアメリカがギリシャ・ウクライナ・トルコへの領空航空を許可しないよう圧力をかける。なので直接シリアに軍隊を送り込み反勢力への攻撃を行っている。
8.第三次世界大戦の核戦争によるレプティリアン&世界支配層の避難先が月や火星の裏側。
★注釈:googleアースで月の裏側に地球でよく目撃されているL字型UFOが確認出来る。


<オバマはナゼ火星へ行ったのか?>
オバマとその両親及び祖父がCIA。母親はMKウルトラに参加していた。恐らくイルミナティorフリーメイソンの上位階級の(造られた?)一族。
プロジェクト・ペガサスで火星を訪れたバシアゴとスティリングスがオバマが火星に行ったと証言。カリフォルニアのジャンプルームから2回、テレポーテーションで火星に行ったとされる。オバマは火星へ2回以上行ったらしいが...
火星にはピラミッドやスフィンクスなどエジプトと似た遺跡が存在する。
★注釈:古代エジプトの王「アメンホテプ4世」はコーンヘッド(長頭種族)で、オバマはそのクローンではないかと数々の根拠を挙げて指摘されている。火星との繋がりが指摘されている高度文明を誇ったマヤ文明遺跡からもコーンヘッドの遺骨が多数発掘。頭部に手術痕があるとの指摘も有るが、それは地球人が神(コーンヘッド)に近づきたいが為の行為なのかも?手術痕の無い頭部はペルーの博物館にも展示されておりDNAも人類とは異なる結果が出ているみたい。
NASAの火星探査機の映像にマヤ文明の遺跡が映っている。尚、他にもリスやトカゲ、ヘルメットなど、地球の日常で見かける物も映っており、地球のどこかで撮影したとの指摘もあるが、既に数万人が移住していると言われているのだから、地球の生物を持ち込んだ可能性もある訳で疑問視する事ではない。そもそも説明できない多くの事実が有る。てかNASAの映像は真実が人為的に隠蔽されている事に気付かないと...
オバマ=コーンヘッド=エジプト・マヤの支配者=火星(火星人)
つまりコーンヘッドは火星人ではないのか?
コーンヘッドの計画で、オバマは生まれながら(創造されながら)にして将来の重要なポストが約束され、火星での使命を持っていたと仮定すれば全ての点が繋がるのでは?
★注釈:恐らくコーンヘッド(長頭種族)は外見の特徴であり、特定の地球外生命体を指してはいない。複数の種族がコーンヘッドに当てはまる。

2012年3月から10日間、同年4月から10日間、火星上空に謎の雲が出現。高濃度の放射線観測がリークされたが公式な発表は無い。
★注釈:2014年にもインドの火星探査機が核爆発と思われるキノコ雲を撮影。銀河連邦がドラコニアンなど人類に敵対する勢力を攻撃したのか?
アレックス・コリアー(情報源アンドロメダ人)が、移住した地球人(もしくはハイブリッド?クローン?ドラコニアンの憑依?)がドラコニアンの襲撃に遭ってほぼ全滅したとのソースが有る。

☆参考資料☆
<オバマはアメンホテプ4世のクローン?数々の根拠>
ソース元


<長頭人間は火星から来ていた>
ソース元 考古学者はやし浩司氏

<火星に地下基地の入口が7箇所見つかる~Google Earth>
ソース元 YAHOO!ニュース
火星に「地下基地への入り口」を発見!?



■火星への移住計画
<ソース元:
アイゼンハワーひ孫によると1970年代から始まった移住民は既に5万人...しかし、プロジェクト・ペガサスの関係者「アンディ・バジアゴ氏」によるとテラノサウルスのような生物(身長3.6~4.6M)に食べられてしまい、現在残ってるのは7000人位ではないか?との事。
★注釈:茶化して誤魔化しているが、ほぼ真実だろう。アレックスコリアー氏の話とも合致している。残っている人類(?)が人間に化けたレプティリアンor憑依されているハイブリッドなら地球に戻る必要も無い。人類を騙して更に餌を送り続ける!それが目的なのか?
★注釈:ロシアの火星探査がことごとく失敗...レプティリアンにとって都合の悪い情報を隠蔽する為に破壊されていると思われる。

<【2015/08/11】ソース元:コズミック・ディスクロージャー: 火星植民地調査
火星の某施設を実際に訪問した「コーリー・グッド氏」によると...
わかっているのは、あそこにいる大勢の人達は頭脳流出時代とその後くらいに連れて来られて、強制的に火星植民地に入れられたんです。その時...
「地球にこれから大惨事が起きる、彼らは優秀中の優秀な人達で”特別な”人達だから、”人類保存を継続させる”プログラムに入っている。皆で火星を植民地化し、最終的には人間が住める環境を整えて人類を再スタートさせるのだ」
と聞かされていました。(★そして火星では現在、地球には人が住んでいない事になっている)
★注釈:火星は宇宙で必要な設備の高度技術を持つ生産拠点。移住した人は基本的に決して良くない環境下で奴隷にされるみたいです...

<ソース元:IRORIO(イロリオ)>
【氷河期の到来か】30年以内に地球は次の寒冷期を迎えると発表:ロシア
★注釈:何人かの専門家が同様の発表をしている。
★注釈:惑星X(惑星ニビル)の接近による「ポールシフト」による寒冷期を示唆していると思われるが、アレックスコリアー氏などによると「2016年3月中旬に善意の霊団(高次元の宇宙人達)によって惑星Xの接近が停止された」との事。

<イーロン・マスク氏の火星移住計画>
イーロン・マスク氏「5年以内にロボットが人類を殺し始める可能性がある」
テスラモーターズでも知られるシリコンバレーの起業家イーロン・マスク氏(ニコラ・テスラの弟子と言われる)が、人類存続のために人類100万人規模の火星移住に対応する為の準備を進めており、2026年頃からスペースX社の宇宙船での移住が可能になると発表。
★注釈:NWO人類80%削減計画を目論む世界支配層「温暖化防止派(環境保全派)」の真の目的は、地球の寒冷化を促して飢餓や超寒気による地球の人口大幅削減を目論んでいるのでは?
★注釈:「火星移住計画」は非常に重要なキーワード。但し考えられる理由が沢山有り、理由は一つとは限らない。
1).氷河期(寒冷期)到来に備えて。(★既に回避された可能性がある)
2).第三次大戦後の避難先。
3).火星のドラコニアンへの生贄。(既に行われた可能性が幾つかのソースで指摘されている)
mars01.png
イーロン・マスク氏とドラゴン(★恐らくドラコニス)マークとのツーショット...よって、彼も地球人を支配する世界支配層と同様、レプティリアンの下僕である可能性が高い。火星に移住出来るのは選ばれた人類、そしてその中から脱落(反乱分子など)した者達がドラコニスへの生贄にされるのでは?当然、大金だけ払わせてそのままドラコニスへの生贄になる者達をも想定して火星移住の募集をしているのでしょう。

4).Siriとの会話にて...
質問「地球はいつ滅亡する」→Siri「銀河間バイパスの建設が始まったときでしょう。」
質問「地球はいつ滅亡する」→Siri「32ビットのUNIX時間は2038年1月19日3時14分7秒にオーバーフローします(2038年問題)。その時かもしれませんね。」
ソース元

【PR】


<関連ページ>
【既に実用化】テレポーテーション(火星移住)/プロジェクト・ペガサス
宇宙人~まとめ③人類の危機と大転換期

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック