【既に実用化】反重力装置の三角型UFO~世界各地で目撃される

■反重力装置の三角型UFO TR-3B アストラ~世界各地で目撃される

★注釈:世界各地で目撃されてどこが機密だ?思われるかもですが、目撃されて何か不都合な事が有りますか?不都合な事実は「いつ?どこで?誰が?何の目的で?何を?どのように作ったか?」←どうでもイイ項目が含まれているかもですが...
ただ単に空中を飛行しているUFOらしき飛行船を大勢に目撃されても、彼ら的には何も問題が無いと思われます。発着時に目撃されるのはあまり宜しくないでしょうが...

<ブラックプロジェクト>
アメリカ影の政府とオリオン政府とで開発された超最先端技術の超機密計画。
オリオンは地球より数千年は文明が進んでいると地球の科学者達に評価されている。
1933年頃からアメリカ影の政府はオリオン政府と交渉を始め、ハイテクな軍事やテレポーテーション・タイムトラベルなどの開発に成功。大統領の権限すら一切及ばないと多数の関係者が公言する。
★注釈:アメリカ影の政府は偽ユダヤ国際金融マフィアが支配。影の首領はロスチャイルド・サブがロックフェラー(ブッシュが子分)
★注釈:絶対的な権力に物を言わせてアイン・シュタインなど世界中から人類の天才達が集結した。
★注釈:人類を支配する為の超極秘プロジェクト。その為、情報の漏洩には極めてシビアで世に知られる事は無かった。実際、これまでに大勢の関係者が消されている。ブラックプロジェクトの最初(?)の最高責任者「ニコラ・テスラ」は、地球人類の為の平和利用の目的を前提としない同プロジェクトに嫌気がさして自ら辞任。間もなくロスチャイルドの指示で消されてしまう。
イギリスなど一部の友好国もオリオン政府と提携して地球外技術を導入している。
★注釈:その見返りとしてオリオンやゼータ・レティキュリー星系のグレイ種に人類を殺害しない前提で誘拐を許可。人体・動物実験や彼らの種の存続の為に誘拐した女性に妊娠させて子供を取り上げるなど、世界中で非人道的な行為が行われ、その被害者は数百万人以上はいると見られている。
ユタ州には(影の政府の)機密施設が多数存在し、地球社会を監視する巨大な情報センターも存在。

■三角型UFOアストラで月へ行った証拠画像
ソース元

<ロバート・ディーン(ブラックオペレーション上層部の関係者で前陸軍司令曹長)>
地球外知的生命体と取引して宇宙船を開発している。既に40年以上も反重力やフリーエネルギー技術(無料で永遠の無限のエネルギー)を保有している。火星だけでなく月へも行っている。
【PR】



<関連記事>
宇宙人~まとめ③人類の危機と大転換期
火星移住計画と目的
宇宙人~最新情報
【既に実用化】テレポーテーション(火星移住)/プロジェクト・ペガサス
【既に実用化】反重力装置の三角型UFO~世界各地で目撃される

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/431278040

この記事へのトラックバック