【重要】宇宙人と世界政府~最新情報

■目 次■■■■■■■■■■■
【2020/01/28】生物兵器「新型コロナウイルス」拡散の目的は?その黒幕は?
【2020/01/10】所得税を払わないアマゾンの急成長→日本企業の衰退
【2019/11/25】異常さが際立つ日本のルール
【2019/09/18】自然災害と人工災害とで政府の対応を比較
【2019/09/09】大型台風直撃でも出勤!日本人は意識変化が必要では?
【2019/09/03】311テロ(東日本大震災)を平成天皇「明仁」が許可していた
【2019/07/06】ディープステートや中国の権力構造を著名な識者が解説
【2019/06/21】何が何でもイランと戦争がしたいアメリカ~タンカー攻撃事件
【2019/06/11】大量殺戮は偽ユダヤの資源略奪行為か?~西アフリカ・マリ


■【2020/01/28】生物兵器「新型コロナウイルス」拡散の目的は?その黒幕は?↑TOP

★「新型コロナウイルス」の流出源が「武漢P4ラボ=研究室(★中国とフランスとの共同ウイルス研究所)」
★過去のSARS・MERSと同様、新型ウイルスが突然変異して発生する事は自然界の常識に照らし合わせると起こり得ない現象(ウイルスは宿主が死ぬと自身も死ぬ=宿主とは共生関係が基本)→今回も人為的に改変された生物兵器「新型コロナウイルス」がばら撒かれた
★SARS・MERSは「アジア人の特定の遺伝子にのみ感染する生物兵器」で白人などには感染しない→恐らく今回の「新型コロナウイルス」も同様
★サーズのときは「江沢民元国家主席」が、マーズのときは「胡錦濤前国家主席」が失脚。今回コロナの目的は「習近平国家主席の失脚か?」
★中国では24日、旧正月(春節)に伴う「大型連休=数億人が国内外を旅行する」が始まった→タイミングが明らかに人為的
★ビル・ゲイツ黒幕説について...ネットで調べてたら当サイトが該当しましたw
ソース元「【重要】ワクチンの本当の目的!理解出来ない人は将来100%後悔する
--一部転載--
インドの女の子たち3万人を子宮頸がんワクチン(製造「グラクソ・スミスクライン社=ロスチャイルド系」)の "実験台"にしたビル・ゲイツ財団
--ここまで--
★つまりロスチャイルドとビル・ゲイツは医薬分野におけるビジネスパートナー。グラクソ・スミスクライン社と武漢P4ラボも協力関係があるのでしょう

ソース元:Breaking news「中国はコロナウイルスの感染源が「武漢P4ラボ」だと認める
--一部転載--
中国共産党はコロナウイルスの真の発生源が秘密の生物兵器計画に関連する「武漢P4ラボ=研究室(★中国とフランスとの共同ウイルス研究所)」にあることを認めた
武漢で発生した「新しい」コロナウイルスが10か国に広がっているため、国際的な生物兵器の専門家を含む多くの人々が、最初の数件のヒト感染症のある食品市場から約20マイル(約30km)に位置する武漢P4ラボとの関連を疑問視していました。
今日、信頼できる情報筋は「中国共産党(CCP)はヒューマンエラーを非難するために、武漢のP4研究室で作成されたウイルスの偶発的な漏洩を認める」とマイルズ・グオに語った。
当初、中国共産主義者はコウモリを食べる人々の多くのビデオを見せることで、コウモリのような野生動物が感染源だとプロパガンダしていました。

2018年1月、武漢市にバイオセーフティレベル4(BSL-4)研究所が建設され、新興疾患の制御に焦点を当て、精製されたSARSやその他の種類のウイルスを保管しています。 世界中の研究所にリンクされたWHO「参照研究所」同様に機能することになっています。
★注釈:WHO=NWO推進組織

問題は中国共産党が権力を維持するための必死の試みとして意図的にウイルスを漏らしたかどうかです。 まだ最終的な結論はありませんが、中国共産党は武漢肺炎の最初の症例の際に疑わしい行動をとりました。

中国政府は、湖北省の政府から送られた神秘的な武漢肺炎の初期の報告に応答しませんでした。
中国政府は、不思議な肺炎の報告と封じ込めを意図的に隠蔽し延期しました。
中国の副官「Wang Qishan」はウイルスの最初の「兆候」の時に密かに武漢を訪れ、流行が制御不能になっている間に2月に流行が終わると自信を持って友人に語った。
中国政府は、食料、医療用品、保護具を提供することなく、震源地の住民、患者、医療スタッフを意図的に放棄します。
中国政府は、人々が封鎖によって都市や村を逃れるのを防ぐために軍隊を派遣することを除いて、病気の蔓延を阻止する対策をしていません。
中国政府は、恐怖が国内および国際的に広がり、ほぼ終末のようなシーンを作り出すことを許可しています。
中国政府は、流行の事実を隠蔽するために、 WHOからの援助、監視、寄付、または支援を拒否しました。
--ここまで--
★注釈:「中国政府がウィルス流出に関与している」の部分は敵対勢力によるプロパガンダでしょう。前2人の主席がそれぞれSARS・MERSで失脚してるのだから「政権を維持するための防衛策=隠蔽する・過少な情報を出している」と見るべきでしょう

ソース元:swissinfo.ch「コロナウイルス検出キットを開発 スイスの病院
--一部転載--
中国で新型コロナウイルスによる肺炎が相次ぐ中、ジュネーブ大学病院が同ウイルスの検出試薬キットを開発した。
★注釈:対応が不自然に早いです

新型コロナウイルス感染による死者は、これまでに少なくとも25人確認され、感染者は800人以上に上る。北京や上海などの大都市を含む中国の省の半数以上に感染が広がっている。日本、韓国、台湾、タイ、オーストラリア、米国でも感染例が報告されている。
★注釈:現地「武漢の医療関係者」によると1月25日頃には既に10万人は感染している

スイスの研究者は、このウイルスが人から人に感染することを確認した。また、ウイルスは容易に変異し、自己防御もできるため、専門家が注意を呼び掛ける。

試薬を開発したジュネーブ大学病院の感染病担当部局長ローレン・カイザー氏はフランス語圏のスイス公共放送(RTS)に「ウイルスは特定された。ウイルスの完全な遺伝情報が私たちのところにある」と語った。
中国では、旧正月(春節)に伴う大型連休が24日始まった。連休中は数億人が国内外を旅行するため、保健当局は感染の拡大を懸念している。
試験キットは、綿棒で喉の奥か鼻の中をこすり、標本を採取するだけ。中国からの帰国者で、咳、発熱、筋肉痛、呼吸困難といった風邪のような症状がみられた場合に使用できる。
カイザー氏は「症状が限定的であれば、患者は通常の治療を受ける。懸念すべきなのは患者が肺炎を発症するケースだ」と話す。現在、この新しいウイルスに対するワクチンや治療法はないと語った。

新種のウイルスは昨年末、中国で最も人口の多い省の主要都市、武漢の市場で違法に取引された野生動物が感染源だとみられている。 人口1100万人の都市、武漢の交通機関は閉鎖され、事実上の封鎖状態になった。数時間後には、近隣にある人口約700万人の黄岡市が同様の措置を発表した。
カイザー氏は、このウイルスが「SARS(重要急性呼吸器症候群)と70%類似している」と指摘する。中国南部の広東省を起源とした非定型性肺炎のSARSは2002年から2003年に約8千人が感染。774人が死亡した。
カイザー氏はRTSに「複数の国で大きな流行を引き起こしかねない、あらゆる要素と成分がある」と語った。
ワクチン開発には年単位の期間を要するが、今のところ、ヒトの間でウイルス感染がどれくらい続くかははっきりしないという。カイザー氏は「流行は、発生と同時に消えることもある」と話した。
★注釈:恐らく前2回の例と同様、毒性や感染力が強いのは最初だけで早い時期に収束(消滅)すると思われます。人為的に手を加えられた環境適応力がない人工ウィルスなので自然界の法則から「感染力&繁殖力は一時的で直ぐに淘汰される」筈です

米国など一部の国では、発生源の武漢省から帰国する旅行者に対し、空港での監視措置を強化した。ただ中国当局は現在、同地域からの渡航を禁止している。
スイス連邦内務省保険局は23日、声明で「武漢から欧州(ロンドン、パリ、ローマ)への航空便はあるが、欧州疾病予防管理センターは、ウイルスの流入リスクは中程度だとしている。スイスに対しても同様だ」とコメントした。
声明では「東南アジア諸国のような対策をスイスが講じる必要性は現時点でない」とした。

スイスのアラン・ベルセ連邦内務相は21日、世界経済フォーラム(WEF)の年次総会(ダボス会議)で「(パンデミックの発生には)万全な準備が整っている」と強調。エボラ危機のときと同様、パンデミックを防ぐ国際的な取り組みを支援する用意はできていると言った。
--ここまで--
★注釈:欧州やスイスの対応が早いし危機感は全く感じられないです。生物兵器「新型コロナウイルス」が白人には影響がないことを知っているのでしょう。
スイスといえば「ロスチャイルド家の総本山」。つまりスイスフランスの所有者「ロスチャイルド家」及びシオニストが今回の生物兵器「新型コロナウイルス」をばらまいた黒幕である可能性が高そうです。
感染源(生産拠点)が「武漢P4ラボ(★中国とフランスとの共同ウイルス研究所)」...習近平にメリットがあるとは考えにくくロスチャイルドに嵌められたのでしょうか?天津の大爆発(★核爆発)は江沢民派が習近平を陥れるために起こしたみたいなので
今回の対立構図は恐らく...習近平 vs ロスチャイルド(フランス&スイス)&江沢民派



■【20/01/10】所得税を払わないアマゾンの急成長→日本企業の衰退↑TOP

★私は何年か沖縄に住んでた事がありますが、沖縄の知り合った人が「サントリー」が好きで地元メーカー「オリオンビール」は飲まない。オッリオンも普通に好きだけどサントリーの方が好きだからという理由です...つまり自分の事しか考えない人でした。
地元や国の利益を考えず自分の欲望だけで行動する...これは現在の日本人の9割以上に当てはまるかと思いますが、自分自身の地盤「地元や国」を大切にしないで自分が幸せになれる筈が有りません!
↓私のイメージ「現在の日本人」
1)木を見て森を見ず!果実を見て木を見ず!
・自分の木だけを大切に育てても「森が衰退すれば=周囲が不幸になれば」自分だけが幸せにはなれません
・自分の果実だけ大切に育てても「木が枯れれば=得られる物は皆無で周囲も自分も不幸になります」
2)豪華客船の例...元々は設計も資材も完璧な高級志向の客船でしたが...
・客に紛れた盗賊が高級家具や高性能エンジン、アルミや鉄材等の建材資材などを盗みました→船の制御が出来なくなって沈没、盗賊と他の乗客達もろとも海に沈みました...先見性のない欲望丸出しのバカは結局不幸になるという例えです

ソース元:産経「【ビジネス解読】日本経済を揺るがしかねない「アマゾン・エフェクト」の脅威
--一部転載--
amazon01a.jpg
米インターネット通販大手アマゾン・コムの急成長で、既存の小売店が閉鎖・倒産に追い込まれる「アマゾン・エフェクト(効果)」が日本にも及び始めた。百貨店や総合スーパーが苦境に立たされているだけでなく、ネット通販の普及で価格競争が激しくなって物価が伸び悩み、デフレ脱却を阻む要因の一つにもなっているという。
--ここまで--
★注釈:アマゾンは「日本に所得税を一切払っていない(★残念ながら日本の多くの大企業にも当てはまります)」寄生虫的存在です。そんな企業を日本人が利用する事は「自分で自分の首を絞めている=愚かな行為」でしかないと私の目には映ります
「自分さえ良ければ=自分すら不幸にする」...先見性を備えた人はそれが事実であると理解出来る筈です
多くの日本人が「所得税を払わない大企業の商品は買わない」意識を持つ事が望まれます


■【2019/11/25】異常さが際立つ日本のルール↑TOP

本当はどうでもイイ事!の筈なんですが、なぜか警察に同行を求められてしまったので記事にします。これはほんの一例で、根本は「想像力の欠落が日本人の最大の欠点の一つ」と言えます

以下は(普段は善良な)私の例ですが...
バイクで左折車線と直線車線の間をすり抜けて、左折車線の既に停止していた先頭の車の前に出て信号待ちしてたら、ちょうど交番の目の前でした。
そしたら警察が駆け寄ってきて「直線車線走ってたんだから左折出来ないよ!ちょっとこっちに来なさい」と言われてしまいました。
警官が後ろを向いた時にちょうど信号が青になったので、面倒くさいので左折しながら「曲がっちゃって大丈夫ですよね?」と一方的に声をかけて立ち去りました。直ぐにパトカーが追いかけて来ました。信号を2つも無視してやっとまきましたが...他の交番にも応援要請したみたいで、危うくパトカーと鉢合わせになるトコでした!w
パトカーに追いかけられる覚えは全く有りませんでしたが、「信号前での車線変更違反or公務執行妨害」だったのかな?w私的には「こんなどうでもイイ事で私の大切な時間を浪費させるな!パトカー使って追いかけてくるような事か?税金の無駄遣い!!!」

自転車やバイクが車をすり抜けて先に行く事に腹を立てる人を少なからず見かけます。資質的に恐らくワイ人だと思いますが...
貴方は自分が「目的地まで最速で行く条件」は分かりますか?...合理的に考えれば直ぐ判る事です
最速を可能にする答えは「貴方の目的地までに他の乗り物がゼロである事」...当然、それは無理なので「他の乗り物を最小限にする事」が正解です
それを可能にするには「他の乗り物が可能な限り早く目的地へと到達する」事です。例えばバイクが通勤に1時間かかってたのが30分に1/2短縮されたとすると、道路上を走ってるバイクが1/2に減る訳です。
結果的に車も早く目的地に到達できる訳です。なのでバイクはすり抜けしてより早く目的地に到達してくれた方が、車もより早く目的地に到達出来る!...つまりバイクも車もWinWinって事です。
分かりやすいよう台湾の例を挙げてみます
taiwan_baike01a.jpg
taiwan_baike01b.jpg
↑台湾は交通手段の主流がバイクです。これらバイクがすり抜けせずに一列で走って一列で信号待ちしたらどんな悲惨な状況になるのか想像出来ますよね?w列車なら最初の車両が動き出した瞬間に最後尾の車両も動くのでタイムロスはゼロですが、車やバイクは1台につき2秒程かかります。バイクが赤信号の手前から一斉に進行すればタイムロスは2秒程度で済みます。常識的に行動すれば10分で通勤出来たのに非常識な法律を遵守して行動したら3時間以上かかりそうですよね!?当然、台湾では警察も車線変更が交通違反なんてバカな事は言いません。

私は国民の利益に反する法律は平気で破ります。それは破った人に非が有るのではなく法律に非が有るからです。誰にも迷惑かけない行為が違法となるなら、法律を改正すればイイだけの事です。そんなの国際常識でしかなく日本が異常なだけです。
現在の日本人の9割以上は自分で思考出来ないので他人に決めてもらった事が正しいと信じて従っていますが...早く自分で思考出来るようになって目覚めるといいですね!


■【2019/09/18】自然災害と人工災害とで政府の対応を比較↑TOP

ソース元:時事ドットコムニュース「政府初動対応に批判=内閣改造で「空白」-台風15号
★政府の対応が遅い、千葉県の対応が悪い...などなど様々な意見があるようですが、被災県の対応に全く関係なく政府が迅速に対応する事もあります。

--一部転載--
台風15号に伴う千葉県内の大規模停電が長期化する中、首相官邸の初動対応に批判が出始めている。台風被害に対する危機感が薄く、上陸2日後のタイミングで内閣改造を迎えたことで政治空白が生まれたのではないかとの指摘だ。
官邸は「台風上陸前から迅速・適切に対策を行った。(上陸後は事務レベルの)関係省庁災害対策会議を5回も開催している」。菅義偉官房長官は17日の記者会見でこう強調し、安倍政権の対処は万全だったと力説した。
しかし、この間の動きを検証すると、対応が十分だったか疑問が残る。千葉市付近への台風上陸は9日午前5時前。最初の災害対策会議は33時間余り後の10日午後2時半だ。
安倍晋三首相は予定通り11日に内閣改造を行ったため、2回目の災害対策会議は翌12日まで開かれなかった。防災担当相、経済産業相ら関係閣僚が初めて千葉県入りしたのは12日になってからだ。
--ここまで--
★注釈:内閣改造9月11日、天皇即位礼正殿の儀の行われる日が10月22日...共にイルミナティの重要な日付です。よって「内閣改造の日付をずらす事が出来なかった」
★注釈:2018年【人工地震】北海道胆振東部地震の時の政府の対応
1)9月6日午前03時08分...北海道胆振地方中東部で震度6強を観測する地震
2)9月6日午前03時09分...首相官邸の危機管理センターに対策室を設置
3)9月6日午前03時10分...安部晋三首相が菅義偉官房長官に対策を指示
4)9月6日午前03時50分...菅義偉官房長官が官邸で臨時の記者会見を開く
↑事前に起こる事が確定している人工災害の時は対応が異常に早いです!判りやすいですね~w
関連記事
ソース元:「【2018/09/07】またまた人工地震~北海道胆振地方中東部


■【2019/09/09】大型台風直撃でも出勤!日本人は意識変化が必要では?↑TOP

ソース元:「JR津田沼駅、入場規制で長蛇の列「2キロくらい並んでいた」の声も(台風15号)
★JRが前日に始発が遅れる可能性を予告。そして9月9日山手線は10時過ぎに運転開始。首都圏の駅はどこも混雑し、通勤時間が普段の3~5倍かかったと思われます。
苦労して昼過ぎに出勤して仕事の成果以上にストレスと疲労だけが残って...まさに社蓄(ゴイム)そのものです

--一部転載--
taihoo1915_01a.jpg
↑JR津田沼駅に長蛇の列
台風15号の影響で首都圏の鉄道に大幅な乱れが生じている。入場規制が実施されたJR津田沼駅では9月9日朝、駅前に利用者の長蛇の列ができた。
撮影者によると、午前9時ごろ駅前の商業施設「モリシア津田沼」の3階テラスから撮影した。あまりの長蛇の列に「さすがに並びたくなかったので、とりあえず写真撮って、職場に連絡して様子を眺めてました」
★注釈:この撮影者は「自分で思考して行動できる有能な人」だと思いました

30代男性会社員は、「駅で入場規制がかかり、2キロくらい並んでいた」と振り返る。
入場を待つ列が全く進まず、タクシーに乗ろうかと相談したり、諦めて途中で列を離脱したりする人たちで溢れていたという。駅周辺では、混乱を避けるためJR駅員や警察が誘導していた。
男性は「台風後の気温が上がる中で並んでいたので、暑くて気分が悪くなった」と語った。
そのためJRの利用を諦め、新京成線で迂回しようとすると、同じように迂回した人たちで溢れており、電車も運転見合わせとなっていた。
--ここまで--
★欧米など先進国の常識は「時間を有効活用できない人=無能」。合理性やリスク回避の観点からも出勤は有り得ない選択でしょう。通勤時間は生産性ゼロの無駄な時間帯ですが、それが普段の3~5倍、加えて疲労とストレスを溜める為に出勤する人は勤勉とか美徳ではなく「思考できない無能な人orクレイジー」
★台湾では台風が来ると市町村単位で公共機関の全面休業するか?否か?を判断します。休業なら殆どの民間も追随します。家でみんなノンビリ過ごします
★タイでは数年前の歴史的大雨による河の氾濫、そして床上浸水で経済活動が完全に停止しました。子供達は近所のスーパーの屋根の上で遊んでいました
↑基本的にどこの国の人もストレスは極力避け、楽しく幸せな人生を送る事を考えています。「TDRのアトラクションの長蛇の列に並ぶ=楽しく幸せ」...それと「長蛇の列に並んで通勤する=疲労・ストレス」のは意味が全く違います。
ストレス大国「日本」!ナゼ日本人は自らストレスを生み出しているのでしょうか?自分で思考も行動も出来ないバカばかりなのでしょうか?
「生産性(労働時間への対価)が低い=非合理的・拙劣・無能・バカ」...日本は確か先進国で最下位だと記憶していますが、逆に言えば「生産性が高い=合理的・優秀・有能。利口」

ストレスはゆとりを失い精神が病む事で、他人へのネタミや誹謗中傷批判クレームなど攻撃的になります。
↑結果的に現在の日本は「居心地が悪い・弱者への思いやりが皆無・陰険」
例えば...
1)A氏とB氏の初対面がプライベートだった場合、お互い対等の関係なので仲良く出来ます。
しかし、
2)A氏が飲食店勤務でB氏が客での初対面の場合、A氏に対してB氏は上から目線なので仲良くなる事は有り得ません。
3)C氏はA氏が勤務する飲食店に客として訪れ、それが初対面でした。彼は対等の関係である事を理解していたので仲良く出来ます。
...日本人はB氏の割合が決して低くないです。初対面で全く同じ相手なのに出会った状況によって、対等だったり上から目線だったり区別して接していますが、もしB氏が勤務する店にA氏が客として訪れた時、どう対応するつもりなのでしょう?w
結論から言えばB氏は想像力が欠落したバカだって事です。元々思いやりが無い人、精神的なゆとりが無い人に多いタイプとも言えるでしょう。
世界的に見ればC氏が標準なので、朝鮮系含む日本人の3割程度占めると思われるB氏のようなタイプはほぼ皆無です(韓国は例外です)
バカに成り下がりたくない良い子の皆さんは、C氏のような常識のある人になって下さいね~


■【2019/09/03】311テロ(東日本大震災)を平成天皇「明仁」が許可していた↑TOP

ソース元:twitter.com「(仮)311テロ(東日本大震災)を平成天皇「明仁」が許可していた
--転載開始--
福島原発の安全管理会社(★マグナBSP)職員の会話と思われる電話を盗聴したRT(ロシア公営放送)の動画が去年までYoutubeにありましたが、今は削除されています。RTに問い合わせれば見られるかもしれません。
「アキヒトの了解は取ってあるか?...よし、あとはオバマからの連絡を待つだけだな(英語)」という内容です
--ここまで--
★注釈:神武天皇は日本の初代天皇(在位:神武天皇元年1月1日 - 神武天皇76年3月11日)→つまり大量虐殺は「初代天皇への生贄だった」って事???
★注釈:日本の天皇家はイルミナティ悪魔の13血族「李家」です。
以下はあくまで私の直感ですが...
やっと日本史上初の「天皇生前退位」の理由が判りました!311テロでの犯罪関与のもみ消しの代償が「上皇への降格」だったのでしょう。エリザベス女王が何百何千人もの児童を殺して起訴されても絶対に犯罪者にはならない。
これらの厚遇は「イルミナティ悪魔の13血族の王の特権」かと思われます。つまりどんな犯罪をやらかしても例外なく「王族にふさわしい毎日の生活が保障されている」。それが今の平成天皇「明仁(現上皇)」にも当てはまる
★注釈:調べれば調べるほど「天皇家はカバル側=悪魔崇拝」との結論になるので、311テロに天皇家が関与していた証拠が挙がっても私的には疑う余地は全く無いです。
少人数で暴露するほど消される可能性が高まりますので、少しでも多くの人に真実が広まるよう、私も微力ながら加勢します

関連記事
ソース元:「【重要】宇宙人と世界政府~イルミナティ@レプティリアンと人類のハイブリッド
ソース元:「【陰謀】イルミナティ(レプティリアン)に支配された日本@明治~戦後の歴史
ソース元:「【驚愕の真実が!!!】悪魔崇拝の真相~ジョンレノン・レディガガ・ボブディラン
ソース元:「【陰謀】311人工地震津波テロ(東日本大震災)


■【2019/07/06】ディープステートや中国の権力構造を著名な識者が解説↑TOP


★有識者の方々の発言から「ディープステート」の単語が出てきたのは初耳です...私がTVを観ないからかもしれませんが...
「私の知識との矛盾は感じません=プロパガンダではない」ので、真実をより深く知りたい良い子の皆さんにはお勧めかもしれません..一つ残念なのは正規に入手できる情報ばかりで、非正規の裏情報「アメリカの機密情報(=コーリーグッド氏・QAnonなどの内部告発)が皆無」であること。例えば「東西冷戦=米露の対立」は本当は存在せず、予算を得る為の口実で裏で米露は同盟関係(どちらもディープステートの支配下)だったとか、最近では米露を戦争させて国連を使って支配するとか、秘密宇宙計画とか...それら非正規の裏知識を組み込んでいれば、話の内容も更に精度が上がってもっと面白くなったと思われますが...とりあえず観てみては如何でしょうか?

現在の権力抗争は三つ巴
1)ディープステート(銀行屋・中央銀行所有者・13血族>グローバル企業経営陣>シオニスト&ネオコンの政治家及びCIA)
2)軍(トランプ・NSA・QAnon・グノーシスイルミナティ)
3)中国共産党(習近平)...国内では「江沢民派」との権力抗争
...元々はディープステートが中国を育てたお陰で中国は大きな経済成長を遂げました。勿論、中国共産党(習近平)とは協力関係にありました。
しかし、力を付け過ぎた習近平が一線を越えてしまい、現在はディープステートと敵対関係になっている
江沢民派は(★最初は法輪功学習者→)ウィグル族を虐殺して臓器売買をビジネスにする非人道的組織
現在の日本の政治家は政党に関係なく中国にべったり(★太い帯に巻かれる習性や願望があるのでしょう。加えてハニートラップで弱みを握られている輩も多そうです)
日本の最悪のガンは「財務省と司法」(★最重要の「カネと法」がディープステートの言いなり)
★注釈:ベンジャミンフルフォード氏の「ヒラリークリントンは日本を中国に売り渡す約束をして中国に大統領選の協力を要請した」との情報とも整合性があります
★注釈:ディープステートの常套手段は「丸々太らせてから一気に食べる」。日本も小泉竹中の売国奴政治の時からずっと下落中です。最近まで中国に対して「頭オカシイでしょ?」ってレベルの膨大なODA予算を毎年貢いでいました。近いうちに中国も食われるのでしょうか?
★注釈:上記1の勢力のうち、カトリックの上級組織「P2ロッジ」は最近、中国「習近平」と会談していることからも中国側に付いていると考えられます。白龍会も同調しているみたいですが、「江沢民派に味方するグループ=反習近平のグループ」は極悪非道なグループとも言えそうです

...こんな内容が含まれていますが、情報が多過ぎるので、これ以上ここで文章化する予定は今のところ無いです。
しかし愛国者による強い勢力が日本に存在しないのはホント残念ですね...アメリカは変わっても日本は何も変わりそうもないですね


■【2019/06/21】何が何でもイランと戦争がしたいアメリカ~タンカー攻撃事件↑TOP

★重要案件だと考えてますので情報が入り次第更新しています。現在トランプ大統領も「イランの仕業」との立場ですが、さて本音は?彼は軍の支援を受けて大統領になりましたが、結局、軍と対立するネオコンの政治家(ボルトン米大統領補佐官・ポンペオ米国務長官)が側近になっています。つまり軍とディープステートとの板挟み状態になっています。今後の動向に注目です

<時系列>
ソース元:CNN「UAE沖のタンカー攻撃、「国家」関与の可能性大 国連に報告~2019.06.07
--一部転載--
ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は、イランが背後にいるのは「ほぼ確実だ」と主張。
アラブ首長国連邦(UAE)沖で5月に石油タンカー4隻が攻撃を受けた問題で、UAEなど3カ国は6日午後、「国家」が関与した可能性が高いとする調査結果を国連に報告した。
調査結果はUAEのほかサウジアラビアとノルウェーが国連安全保障理事会に説明。4隻への攻撃について「洗練された連携作戦の一環であり、高度な作戦能力をもって遂行されたことが強く示されている」とした。
標的となった商船4隻のうち1隻はUAE船籍、2隻はサウジ船籍、残る1隻はノルウェー船籍だった。
--ここまで--

ソース元:朝日新聞デジタル「タンカー攻撃、イラン関与の「映像と写真」 CNN報道~2019年6月14日10時18分
--一部転載--
中東・ホルムズ海峡付近で日本の海運会社「国華産業」が運航するタンカーが攻撃を受けた事件で、米CNNは13日、イラン海軍のボートが攻撃を受けたタンカーから、不発に終わった機雷を除去する様子をとらえた映像と写真を米国が入手していると報じた。
ポンペオ米国務長官はこの日、諜報機関の集めた情報により、事件はイランによる犯行だと断定。
当局者の話として、イランのボートが攻撃を受けた船に横付けし、「リムペットマイン」と呼ばれる遠隔操作可能な機雷を取り除く様子を米国の軍用機が記録していた。これが、米国側がイランによる犯行だと断定した「証拠」の可能性がある。
--ここまで--
★注釈:攻撃を受けた2箇所はイラン領の反対側...イランからの攻撃だとしたら不自然だと指摘されています
★注釈:この偽旗攻撃で利益を得た人物
ソース元:嗚呼、悲しいではないかさん「フルフォードレポート(6/17)
--一部転載--
オマーン沿岸の偽旗攻撃で、米海軍諜報機関とCIA情報筋がこの攻撃で誰が利益を得るかを見るために金の流れを追いかけた。
この追跡は、この攻撃が行われる直前に石油先物価格の急上昇から利益を得ることができた位置にいたスイスのロスチャイルドが所有するグレンコアのコモディティ会社につながった。しかし原油先物価格の急上昇は「一時的な小幅回復」にとどまり、ロスチャイルドは予想通りに利益を上げられなかった。その理由は「市場も世界もイランを非難するシオニストにはうんざりしているから」
--ここまで--
★注釈:ネオコンとシオニストは別組織かと思われますが「利害が一致」する部分が多いのも事実かと...よって協調(共同作戦)する機会が多いように感じます。

ソース元:時事通信「機雷攻撃を否定=「乗組員が飛来物目撃」-タンカー運航の国華産業 2019年06月14日
--一部転載--
海運会社「国華産業」の堅田豊社長は記者会見で、2発目の攻撃の際に乗組員が飛来物を目撃していたことを明らかにし、「間違いなく機雷や魚雷ではない」と述べた。
また、タンカーはパナマ国旗を掲げていたことから、「日本だから攻撃したとは考えていない」との見方を示した。
攻撃を受けた2箇所は海面より上だという。
--ここまで--
★注釈:CNNはディープステートが最も利用するプロパガンダメディアです。こうやって真実が捏造されるのか~と感心してしまいました!w
...が、被害を受けた「国華産業」の社長は「機雷や魚雷で無く飛来物」だと断言しました。アメリカの嘘がばれてしまいました!w口止めされる前に会見が開かれてしまったようです!wてかディープステートの主張を完全に否定した記事を出しても大丈夫なのでしょうか?無事を心から祈っています
魚雷なら「ダークフリート」だと思いましたが...とにかく最大目的はタンカーに軽度な損傷を与えてイラクが関与した既成事実を作って戦争をやりたかっただけなのでしょう。言うまでも無く目的はディープステートによる戦争利権&イランの石油利権略奪でしょう
ダークフリートの詳細

ソース元:AFP「イラン外相、米無人機の一部「領海内で回収」~2019年6月21日 9:06
--一部転載--
米国防総省は、撃墜は国際空域における「いわれのない攻撃」だと主張。無人機はイランから約34キロ離れた場所を飛行していたところ、地対空ミサイルで撃墜されたとしている。
一方、イラン革命防衛隊(IRGC)は、無人機が同国南部ホルモズガン(Hormozgan)州沖で「イラン領空を侵犯」していたため撃ち落としたと主張。ザリフ外相は米軍機が撃墜された場所の緯度と経度を示し、革命防衛隊の主張を裏付けた。
同外相は「米国の無人機は午前0時14分にUAE(アラブ首長国連邦)をステルスモードで離陸し、イラン領空を侵犯した。同機は午前4時5分、北緯25度59分43秒、東経57度2分25秒の地点で標的とされた。
米軍の無人機の一部を、同機が撃墜された『わが国の』領海内で回収した」と説明。
--ここまで--
★注釈:ナゼ戦争反対派の国防総省が虚偽を?もしくはCIAネオコン派が細工した?...全く判りませんが、イランの主張があまりにも具体的で且つイラン領海で残骸は回収されているので、状況的に「イラン領空を侵犯」していた可能性が高くアメリカも強く出れないはずです。それでも強く出るのがアメリカですが...

ソース元:時事ドットコム「米大統領、イラン攻撃一時承認=無人機撃墜で報復検討突然撤回-エスカレート懸念か~6/21(金) 12:35
--一部転載--
米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は20日、米国の無人偵察機がイランに撃墜されたことへの報復として、トランプ大統領が同日、イランに対する攻撃をいったん承認したと報じた。
トランプ氏はただ、攻撃を突然撤回したという。同紙は、レーダーやミサイル施設など少数の標的を想定していたと伝えた。
政権内では、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)、ポンペオ国務長官、ハスペル中央情報局(CIA)長官が攻撃に賛成し、国防総省高官が中東の米軍を危険にさらすと懸念を示したという。攻撃を撤回した理由は不明。
--ここまで--
★注釈:ベンジャミンフルフォード氏によると「軍に攻撃を断られたから撤回した」...それが事実ならトランプ氏の本音は「産(イスラエル・シオニスト・ネオコン)寄り=軍とは対立関係)」となるのではないかと?
後日、撤回理由についてトランプ氏は「計画を遂行するとイラン人150人が死ぬと軍からの報告が有ったので撤回した」と説明

<イラク戦争を画策する開戦推進政治家(ディープステート側)>
1)ポンペオ米国務長官(ネオコン?)
1994年...ハーバード大学卒業
2011~2017年...共和党所属の下院議員
2017年~...第24代CIA(中央情報局)長官
2018年4月~...国務長官に在任中

2)ボルトン米大統領補佐官(ネオコン)
1970年...イェール大学(秘密結社「スカルアンドボーンズ」)卒業
2001年...国務次官に任命~ジョージ・ウォーカー・ブッシュ政権下
イラク戦争開戦推進派
2018年9月...イランへの攻撃計画準備を国防総省に指示
★「2019年10月にイランと開戦する」との機密文書が流失し、6月12日の記事によると暴露した人物は殺されたみたいです

★【重要】現在、軍と産は対立しているので協力関係は解消されていると思われます。理由は軍関係者が産の利権に利用されて、罪の無い大勢の人々を殺してきた。後になって正義は一切なくただの大量殺戮だった事に気付いたから...よって「軍産複合体」のワードは現在は存在し得ない...つまり現時点では「死語=ミス」と言えるでしょう。私も今後「軍産複合体」のワードを使わないように気を付けます。過去記事のミスは面倒なので修正しません!w
ベンジャミン氏のレポートでは「軍産複合体」のワードが出てくるので理解出来ない購読者も多いのでは?...購読者の方は指摘してあげて下さい

軍(官:ペンタゴン・Qアノン・グノーシスイルミナティ)
vs
産(企業:銀行屋・グローバル企業経営陣)・CIA(ディープステート私設部隊:ネオコン・シオニスト派)」
...産は実質的に「マフィア」です。ディープステート(TOPは銀行屋)傘下に関する全ての機密情報は今も昔も「官のTOP大統領ですら知る権限を与えられていません(官<民)」。しかし数年前から状況が変わって軍が産に反旗を翻しているって事

ベンジャミンフルフォード氏によると...
国防総省(ペンタゴン)の意向「ボルトン米大統領補佐官を追放して、ハメネイと首脳会談を開く誠実な努力に至るだけである」
★注釈:ボルトン米大統領補佐官は産(ディープステート)側の政治家という意味です


■【2019/06/11】大量殺戮は偽ユダヤの資源略奪行為か?~西アフリカ・マリ↑TOP

ソース元:AFP「武装集団が村襲い95人死亡、「村1つが事実上消滅」 西アフリカ・マリ 2019/06/10
--一部転載--
西アフリカのマリ中部で、武装集団がドゴン(Dogon)人の村を銃撃し、95人が死亡した。地元関係者と治安筋が10日、明らかにした。死者数は暫定的なものだとしている。
一晩にわたって襲撃を受けたソバヌクー(Sobane-Kou)村があるクンドゥ(Koundou)地区の関係者はAFPに対し、「これまでのところ、民間人95人が死亡した。遺体は焼かれており、現在も遺体の捜索を続けている」と明かした。また虐殺の現場に入った治安当局者は、「ドゴン人の村1つが事実上消滅した」と話している。
匿名を条件に取材に応じた地元当局者は、約300人が暮らす村に襲撃者らがやって来て「銃撃と略奪、焼き討ちを開始した」と述べた。
この地域では、イスラム過激派の説教師アマドゥ・クーファ(Amadou Koufa)師が率いる主に牧畜民族フラニ(Fulani)人のグループが、バンバラ(Bambara)人やドゴン人を標的とし始めたことで報復の連鎖が始まった。
フラニ人はもともと、牛の飼育および取引で生計を立ててきたが、バンバラ人とドゴン人は伝統的に農耕に携わってきたという。(c)AFP
--ここまで--
★注釈:アメリカは資源国としか戦争しません。目的は例外なく資源の略奪です。ブッシュ元米大統領の時には直接イラクから利権を奪いましたが、国を使わずに目的を果たすのがCIAの陽動作戦や武装集団(ISISなどの雇われた傭兵)の実力行使です。裏で誰が操っているのか?銀行家をトップとするグローバル企業群、いわゆるディープステートです。
「銀行家=白人富裕層(アシュケナジー系ユダヤ人=偽ユダヤ)、特にイスラエル系」が黒幕です。
マリとは?...特にその北部には未開発の天然鉱物資源が豊富にあり、石油、ガスなどはまだ未調査も多いが、豊富に存在するだろうと言われている。
つまりこの件もアシュケナジー系ユダヤ人が傭兵使って資源略奪に動いている可能性が高いでしょう。アメリカの軍産複合体(グノーシスイルミナティ)も関与しているのでしょうか?中にはアメリカファーストであっても他国に非情な人もいるでしょう。
ヤフコメ見てるとあまりにも的外れ...大手メディアの情報操作を鵜呑みにするだけの日本人って世の中の本質が見えなさ過ぎてヤバイですね!正直呆れています。富裕層のスポンサーがいるから充実した武器を調達できる事にナゼ気付かないのでしょうか?w
【PR】

この記事へのコメント

  • どう思われますか

    こんにちは。カテ違いで初歩的なコメントで申し訳ありませんが、(④を導く根拠に①②を用い、③は④を補強)、どのように思われますか。

    ① 『遺伝子DNAは誰が作ったのか』

     地球上の全ての生命に遺伝子DNAが組み込まれていますが、1mとか2mとかの長さがあり、4種の塩基配列は複雑精巧で、自己修復機能まで有します。

     こんなものが自然や偶然に出来るわけが有りません。作ったのは「遠い未来の人間」です。

    ② 『物質(原子)は誰が作ったのか』

     地球上の物質(原子)は百余り有りますが、陽子・中性子・電子の3者で構成され、それ以外の構成は存在しないし、規則性とか法則性に支配されています。

     中性子は中性子線を内包し、特定の物質(原子)もα線とかβ線などを放射して崩壊し、電子は電荷を内包しています。

     こんな複雑な物が自然や偶然で出来るわけが有りません。原子を作ったのは「遠い未来の人間」です。

     (uクォークとかdクォークとか中性子のβ崩壊で発生する陽子や電子ニュートリノなどの難しい話ではなく、単に『こんなもの(原子)が自然や偶然に出来上がるものか』ということを、お尋ねしております。)

    ③ 宇宙の始まりが無機であったとしても、進化の途上で有機(生命とか生活機能)が生まれ、さらに彼らが多様な進化を遂げたうえで、人間や様々なものが作り出された可能性は否定されるものでしょうか。

     (胎児の成長過程で一時的に見られる「尾っぽ」とか「指の水かき」は進化の記憶でしょうか。)

    ④ 『私たちは人工的に作られた肉体を使って、人工的に作られた「場」で生活をしていますが、実は、今の世界は実在しない虚構であり、実在する本当の自分は「DNAや原子を合成する科学を持った遠い未来」(真実の世界)にいます。』という発想は、(無限回の問答は抜きにして)、成り立つでしょうか。

     (平行宇宙だとか重畳宇宙だとか「メビウスの輪」だとかの難しい解釈ではなく、もっとシンプルで単純な答えが見つからないものでしょうか)。
    2017年09月11日 14:23
  • 7回目の終了です(その1)

    八は固、七は液、六は気、五はキ、四は霊の固、三は霊の液、二は霊の気、一は霊のキ、と考へてよいのぢゃ。(白銀の巻 第1帖)

    今の科学は科学のことは判るが、それより上のことは判らん。今の科学はあるものがあると云ふことだけしか判らんのぢゃ。(春の巻  第33帖)

    物の文明、あしざまに申す宗教は亡びる。文明も神の働きから生れたものぢゃ。(黄金の巻  第97帖)

    ここまで開けたのも神が致したのぢゃ、今の文明なくせんと申してあろうが、文明残してカスだけ無(のう)にいたすのぢゃ、取違ひ慢心致すなよ。(風の巻  第5帖)

    ★ どう思われますか。
    2017年09月11日 14:25
  • mimi

    >どう思われますかさん

    4次元以上の世界を体験した記憶が無い3次元レベルの常識では恐らく誰にも判らないと思いますが現時点での推測で私の考えを...
    ①②を作ったのは未来人も有りですが高技術or高次元のETも有りかと思います。私も人為的に作られたものだと思います。
    ③確か進化論は日本以外の先進国では否定されているかと思いますが...猿が進化してナゼ白人男性の殆どがO字orM字型ハゲになるのか?尾っぽや指の数もしかり...地球人は複数のETの遺伝子が入った混血だからではないかと?
    ④は3次元レベルの生命体には絶対に理解できないでしょうが私個人的には有り得る事だと思っています。

    「(気・オーラ・霊)...エネルギー体」が4次元界(エーテル界?)でそこで起こった事が3次元界に反映される
    魂は基本的に永遠(=輪廻転生)。そして魂は常に集合意識体に接続している。元悪魔崇拝ジョンラミレスが言う悪魔(闇)とイエス(光)は4次元界以上に関係して実在している。悪魔は恐らく個体、イエスは創造主に関わる存在なのかは私には判らない。
    偶像崇拝禁止=神は自分の中にいる...これは恐らくそうゆう事
    輪廻転生は創造主に良識が有れば当然の事...「かけがえの無い一度きりの人生」なんて考えはまっぴら...1度死んだら完全に無に帰るならそれまでの全ての行動が無意味だし...私的には最初から無の方が断然イイ
    2017年09月12日 22:12
  • 7回目の終了です(その3)

    こんにちは。先日はご丁寧な御批評を頂きまして有り難う御座いました。①②③④ともに色々な仮説が提唱されて、意見が分かれているそうで、極めれば極めるほど新たな謎や疑問が浮上してくるそうです。

    ところで、「終末予言」について御興味をお持ちでしょうか。

    世は、七度の大変りと知らしてあらう。(黄金の巻 第26帖)

    世はグルグルと七変り、改心の為 世界の民皆、今度は引上げ一旦みなあるぞ。(黄金の巻 第71帖)

    ★(追記)
     上記以外にも、シリウスファイルのオコットのメッセージ、ヒトラーの予言、エズラ黙示録、ヨハネの黙示録(外典)、マザーシプトンの予言、ビリーマイヤーの予言、その他の予言などにも類似性や関連性が認められます。

    どう思われますか。
    2017年09月18日 10:56
  • mimi

    >7回目の終了です(その3)さん
    予言の事は全然判りませんが仮に真実だと仮定するなら...
    秘密結社P2ロッジによると占星術(天体の配置)が運命を決めている的な発言をしています。高度な天体観測技術をもつマヤ文明の「2012年12月でマヤ文明の暦が途絶えている」事とも関連が有りそうです。
    しかし多くの古文書が改ざんされている可能性があり、予言では無く予告...2012年12月23日にイルミナティが何か画策していたようですが...誰かに阻止されたのか?
    2016年にも同様の計画があったと思われ...
    ローマ法王とエリ女の「クリスマスはない」
    キッシンジャーの「古代カルトは止められない」
    ブルガリア人預言者ババ・バンガの「オバマ氏はアメリカ最後の大統領になる」
    他の次元にあるロスチャイルド一族エレン・グリーン・ヒックスの「ある恐ろしい計画をオバマが実行する」
    ...結局何も起こりませんでしたが...誰かが阻止してくれたのか?
    仮に過去現在未来は同時に進行しているのであれば技術で往来も予言(予告)も可能でしょうが、そこにパラレルワールドがどのような形で関わっているのか?
    2017年09月20日 18:28
  • 7回目の終了です(その7)

    ① こんにちは。いつも興味深く拝見しております。ご丁寧な回答を頂きまして、有り難う御座いました。

     >予言のことは・・・

     予言は「旧約聖書」の時代、あるいは「天神アヌ」の時代から有ったのではないかと思いますし、「ギリシア神話」の時代にも有ったと思います。

     >多くの古文書が改ざん・・・

     それは事実だと思います。日本の「記紀神話」も改ざんされています。(古事記の現存する最古のものは1371年1372年の足利義満時代に書写された「真福寺本古事記」といわれます)。

     >予言では無く予告・・・

     近代になってから、日本も含めて世界中でチャネリング・コンタクトなどが交信されていますから、かなり精度の高いプログラム・スケジュールを「知っている人は知っている」と思います。

     >過去現在未来は同時に進行・・・パラレルワールド・・・

     そんなことは科学の常識では有り得ないと私は思います。第1回目のコメントで申し上げたように、(スピ系の多くの方が支持している考え方でもありますが)今の世界は虚構でバーチャルだと言うのが私の立場です。
     
     『パソコン右クリック→コピー100万個の貼り付け→オプション右クリック→システムの編集→多重画面の同時的並列進行』→パラレルワールドの完成』。そのような発想をどう思われますか。
     (本当の自分自身がいる遠い真実の世界は、(オコットに言わせると)今の人類には想像も理解も出来ない科学技術があるのではないでしょうか)。

    ② ところで、終末予言の「その時」に、ご興味をお持ちでしょうか。

     「神示」では『辛酉はよき日、よき年ぞ』(下つ巻・第30帖)とあり、次の辛酉は2041年になります。そして次に、『四ツン這ひになりて着る物もなく、獣となりて、這ひ廻る人と、空飛ぶやうな人と、二つにハッキリ分かりて来るぞ』(富士の巻・第19帖)とあります。

     上記の2点につきまして、「ヒトラーの予言」にも近接する年代や類似する事象の表現があるようですし、「シリウスファイルのオコットのメッセージ」でも近接する年代や類似の表現が認められるようです。
     (この2例はネットで閲覧できますが、著作権が一々面倒ですし、ウィルス感染問題もありますので、リンクは割愛させていただきます)。

     ここで、神示・ヒトラー・オコットの予言の「その時」の年代は、2041年の数年前から2041年までということになり、20年くらい先の話ですが、随分と気の長い話となります。

     ただし、『天の異変 気付けと申してあろが』(夜明けの巻・第3帖)と有りますように、前兆現象としての天変地異は益々激化して来るように感じられます。

     また、オコットのメッセージの類推解釈から、マヤの2012年の後から「変換の仕組み」が始まっており、中程からは「転換の仕組み」が始まるものと想像しますから、のんびりと20年先を待つわけでも無さそうに思われます。

    ★ どう思われますか。
    2017年10月21日 10:53
  • mimi

    >7回目の終了です(その3)さん >今の世界は虚構でバーチャル
    ★私もその可能性を考えた事は有りますが...例えばタバコ1本吸ったとして毎回異なるその灰の量や形があまりにもリアル過ぎて...衣服の毛玉の出来方やマジックやペンのインクの出方も同様ですが、全ての日常生活に於いてそのような案件が多過ぎて...個々の人間が考えて作ったとされる全ての工業製品やデザインまでも事前に設計されていた事になり、地球人の約80億人にそこまで繊細且つ精密な設計及び管理するのは
    流石に無理ではないかと...
    仮に過去未来現在が同時に推移していて光速を超える手段での時間の移動が可能なら過去に行って歴史を変える事も可能...よってその場合パラレルワールドは必然的に存在する事になる。
    >「神示」では『辛酉はよき日、よき年ぞ』(下つ巻・第30帖)とあり、次の辛酉は2041年になります。そして次に、『四ツン這ひになりて着る物もなく、獣となりて、這ひ廻る人と、空飛ぶやうな人と、二つにハッキリ分かりて来るぞ』(富士の巻・第19帖)とあります。
    ★興味深いですね!アインシュタインも第三次四次世界大戦の後は「ヤリでの戦い」になると予言してたみたいですが「その時には文明が喪失している」という意味みたいです。
    >オコットのメッセージの類推解釈から、マヤの2012年の後から「変換の仕組み」が始まっており、中程からは「転換の仕組み」が始まるものと想像します
    ★転換のきっかけは私は「惑星ニビル」による天変地異かと思ってましたが...コブラ氏はニビルの存在自体を否定してますし真実は判りませんが、いずれにせよ「アセンション」を指しているのだと理解しています...私自身半信半疑ですが、かといって「あらゆる可能性を完全には否定しない」のが私の主義なので...
    2017年10月27日 00:10
  • 7回目の終了です(その7-2)

    こんにちは。いつも興味深く拝見しております。ご丁寧な回答を頂きまして、有り難う御座いました。

     >私もその可能性を考えた・・・タバコ・・・衣服の毛玉・・・インクの出方・・・地球人の約80億人・・・繊細且つ精密な設計及び管理するのは流石に無理ではないかと、、、

    ① シリウスファイルのオコットのメッセージの解釈では、『真実の世界の科学技術は、今の人類には理解も想像も出来ない』と言っていたと思います。

     私は、「真実の世界」は数千年後か数万年後に有ると想像しますが、私たちのコンピュータ技術は、始発から百年にも満たない間に爆発的な進化を遂げ、私たちの大半が「コンピュータ言語」も回路図も読み解くことが出来ず、仕組さえ理解できなくなりました。
     その意味において、遠い真実の世界のテクノロジーなどは想像の外にあると思います。

    ② 学習ロボットの研究開発や、コンピュータが思考し判断する機能の研究

     現在のコンピュータ技術は、たとえばコンピュータ将棋でもオートドライブ自動車でも、あらかじめ全ての可能性を事前にプログラムしており、想定外のトラブルが発生すると直ちに「エラー」を表示して自動停止します。
     その改善のために、現在の最先端の研究では、想定外のトラブルが発生しても自動停止するのではなく、瞬時に状況を認識し分析し、適切な判断を行って運転を継続させる研究が行われています。

     そして、コンピュータ自身が体験し学習したものを、コンピュータ自身に記憶させてプログラムを自動更新させようという研究も行われています。
     (ここまで来ると、「感情を持たない人間の頭脳」という表現も出来るかもしれません)。

    ③ 話は変わりますが、事前のプログラムが無い「夢」の話について

     人間は夢を見ますが、夢の構造や原理などは解明されていません。
     また、夢の中では、カラー映像を見ることが可能ですし、(現実とは異なりますが)痛みを感じたり、飲食物の味を感じたり、熱さを感じたりなどの「五感の作用」も可能ですし、夢に反応して肉体が寝汗をかいたり手足をバタバタさせたりする反応もしています。

     また、夢には、今のコンピュータ技術のように、あらかじめ設定されたシナリオもガイドラインも無く、夢は無限の可能性を持って次々に展開していきます。

    ④ 夢から覚めなければ、どうなるか

     人間は、夢を見ている間は、その人にとっては、それが現実世界であり、夢から覚めて初めて『ああ、あれは夢だったのか、怖い夢だった』と納得するわけですが、もしも、永遠に目覚めなければ、「その人の現実世界は夢の中に有る」と言わなければなりません。

    ⑤ 夢の世界をコンピュータ技術で作り出すことは可能か不可能か。

     現在の科学技術では、夢を見る装置も、夢と夢を連結させて集合意識を作り出すシステムも作ることは不可能ですが、遠い真実の世界では夢の構造が解明されて、(想像を絶するコンピュータ技術を駆使して)数百億人分、数千億人分の人工的な夢を連結させて「虚構世界」を作ることが可能になっているかも知れません。

     そしてまた、夢の運行に対しては、一定の物理法則・科学法則を適用し拘束させれば、今の現実世界と変わらないと思いますし、1つの次元を1万3千年とか6千5百年のタイムスパンに設定し、ガイドラインから逸れた場合には天災事変や戦争を起こさせて軌道修正させることも可能ではないでしょうか。
     (シリウスファイルのオコットのメッセージの解釈では、今は第7太陽系次元であり過去に6回の交替化があったと言っていますし、「神示」では今度は7度目の大変わりと言っています)。

    ★有り難う御座いました。今後とも宜しく御願いします。
    2017年11月13日 09:09
  • mimi

    7回目の終了です(その7-2)さん
    >① シリウスファイルのオコットのメッセージの解釈では、『真実の世界の科学技術は、今の人類には理解も想像も出来ない』...私は、「真実の世界」は数千年後か数万年後に有ると想像しますが、私たちのコンピュータ技術は、始発から百年にも満たない間に爆発的な進化を遂げ...遠い真実の世界のテクノロジーなどは想像の外にあると思います。

    ★現時点で既に量子コンピューターですからね...原理は全く判りませんがエネルギー界(四次元界)に関係すると想像してます...今後100年後なんて想像も出来ないし、ましてや1000年後なんて...的な感じですね。「現在がいつからバーチャルで未来人の目的は何か?」は重要だと思います。

    >③事前のプログラムが無い「夢」の話について...人間は夢を見ますが、夢の構造や原理などは解明されていません。
    また、夢の中では、カラー映像を見ることが可能ですし、(現実とは異なりますが)痛みを感じたり、飲食物の味を感じたり、熱さを感じたりなどの「五感の作用」も可能ですし、夢に反応して肉体が寝汗をかいたり手足をバタバタさせたりする反応もしています。また、夢には、今のコンピュータ技術のように、あらかじめ設定されたシナリオもガイドラインも無く、夢は無限の可能性を持って次々に展開していきます。④人間は、夢を見ている間は、その人にとっては、それが現実世界であり...もしも、永遠に目覚めなければ、「その人の現実世界は夢の中に有る」と言わなければなりません。現在の科学技術では、夢を見る装置も、夢と夢を連結させて集合意識を作り出すシステムも作ることは不可能ですが、遠い真実の世界では夢の構造が解明されて、(想像を絶するコンピュータ技術を駆使して)数百億人分、数千億人分の人工的な夢を連結させて「虚構世界」を作ることが可能になっているかも知れません。そしてまた、夢の運行に対しては、一定の物理法則・科学法則を適用し拘束させれば、今の現実世界と変わらないと思いますし、1つの次元を1万3千年とか6千5百年のタイムスパンに設定し、ガイドラインから逸れた場合には天災事変や戦争を起こさせて軌道修正させることも可能ではないでしょうか。
    (シリウスファイルのオコットのメッセージの解釈では、今は第7太陽系次元であり過去に6回の交替化があったと言っていますし、「神示」では今度は7度目の大変わりと言っています)。
    ★以下は「宇宙の創造~輪廻転生/宇宙の真理まとめ」の記事ですhttp://ufomatome.seesaa.net/article/432214367.html
    --ここから--アリゾナ大学意識研究センター所長「スチュワート・ハメロフ」と物理学者「ロジャー・ペンローズ」との共同研究結果の報告...自然に眠ると夢を見る(有意識)が、麻酔された人は夢を見ない(無意識)。しかし脳は活動している。これは脳細胞の中に存在する「マイクロチューブル(細胞骨格の一種)」が量子コンピューターとして分子レベルで情報を処理していると考えられる。
    量子コンピューターの「量子もつれ」は意識(魂)と深い関係が有ると考えられる。
    1つのニューロンが活動すると、シナプスを経由せずに全く離れた場所のニューロンに瞬時に情報が伝わり、それに対応した反応が起こる。
    量子論では全く何も無い空間でも量子情報が伝わる。つまり脳の外の広大な空間、宇宙全体とも情報が繋がっている可能性も否定できない。
    人間の意識は肉体に備わる脳としてのニューロンではなく、宇宙を構成する成分で出来ているのでは無いかと考えている。
    心臓が止まって血液が流れなくなると脳は量子コンピューターとして機能しなくなる。しかし、マイクロチューブル内の量子情報は破壊されず、元の場所である宇宙へと戻っていく。
    そして患者が蘇生するとまた戻ってくる。その結果が
    「白い光を見た。亡くなった家族に会った。身体を抜け出して空中から自分を見ていた。。。などの臨死体験」となる。
    宇宙の量子情報は魂として存在する可能性が有る。量子情報が脳内と宇宙空間を行き来する事が「臨死体験」の本質だと考えている。--ここまで--★私には真実はさっぱり判りませんが、参考にはなる記事だと思いましたので...目先の先端科学はエネルギー界(四次元界=超能力・超常現象etc)の解明になるのだろうと思っています。とは言え地球を支配している「カバル=悪魔崇拝」が支配目的に既に利用している筈で、一般人への普及には当然妨害工作も有るでしょうが...
    2017年11月25日 00:27
  • 7回目の終了です(その7-3) 

    ① こんにちは。いつも興味深く拝見しております。御丁寧な回答を頂きまして、有り難う御座いました。

    ② >現時点で既に量子コンピューター・・・

     本当ですね。昔のコンピュータは電線に電流でしたが、今ではプリント基板に電子になり、今度は量子だそうです。

    ③ >現在がいつからバーチャルで未来人の目的は何か?・・・

     私は、第1回目のコメントで、『今の世界は(真実の世界のコンピュータ技術が作ったところの)虚構・バーチャルな世界だ』と述べています。
     要するに、自分の意識だけが「第7太陽系次元」というコンピュータゲームの中にいるわけですから、私の肉体も、コンピュータに接続された私の意識も、コンピュータそのものも、全部が「遠い真実の世界」の中に有ると思っています。

    (その意味において、私たちは「過去」にいるわけではなく、また、「未来人」が未来にいるわけでもありません)。

     そこで、(私たちの意識が今いるところの)虚構世界は、実は、未来のシステムによる「学校教育」ではないのかと想像します。つまり、未来の教育は全部がコンピュータで行われ、科学技術・歴史・親子・夫婦・政治・経済・社会問題・情操教育などがマルチ・ミキシングで行われるのは予測の範囲にあり、現に、オンライン・ネットワークやコンピュータ授業の実験が始まっています。

     また、その目的は何かと言えば大きく2つが考えられますが、第1には、科学技術の修得を含めた思考と体験を積み重ねさせて、(本当の自分の)脳の発育を促すのと同時に意識進化に導くこと。第2には、その人の個性・能力・協調性・社会性などの総合評価を行って、次の進路を選別するのではないかと想像します。

     つまり、未来は「完全な共生社会」だと思いますが、「神示」で『身魂を磨け』というのは、動物的な利己主義や個人主義を改めよ、協調性や社会性を養えと云うことだろうと思います。(つまり、性格やエゴの度合いが、採点や評価の対象になる)。
     また、科学技術を習得する過程で、論理的思考や、経済的合理性を身に付けよ(別の表現では「知恵」を身に付けさせること)、という意味だと私は思います。(つまり脳の発育の度合いが、採点や評価の対象になる)。

     話は逸れますが、(その7)で述べたところの)終末予言の「その時」というのは、選別が終わって、人類が2つに分かれる時だと思います。
     (その意味において、人類の二極化は2013年から始まっているかも知れないと私は思います)。

    ④ >★以下は「宇宙の創造~輪廻転生・・・

     夢の話とは少し異なり、哲学的な考えになりますが、「水槽の脳」という考え方があるそうです。(「水槽の脳」と入力して、ググルとネットで閲覧できます)。

     たとえば、脳だけを水槽に入れて、電極を刺して、「五感の作用」を電気信号で送ると、脳には現実世界と全く変わらない世界が映るそうです。設定を変えれば、過去にも未来にも行けますし、空を飛ぶことも火星に行くことも可能です。

     また、電極を脳に刺す代わりに、携帯電話のように電磁波を使えば人体には無傷ですし、さらには、もっと安全で効率的な量子の技術が開発されるだろうと思います。

     ただ、VR技術(バーチャル・リアリティー)については、余り時間が残されていませんので、本格的な開発は次の「第8太陽系次元」での「必修科目」になるかも知れません。

    ★ 有り難う御座いました。今後とも宜しく御願いします。
    2017年11月27日 09:41
  • mimi

    7回目の終了です(その7-3) さん
    「水槽の脳」は初耳でしたので早速以下のページを観ました...
    https://www21.atwiki.jp/p_mind/pages/35.html
    大変興味深い内容ですが、既に結論は出てるようですね
    「結局、何が真の世界なのかを知る手段が人間には与えられていない」

    私個人としては否定派です。特に「感情」でしょうか
    例えば私の経験則から愛犬(但し個体差は有ります)は以下のように家族を判断して対応します。
    1)大好きな人(信頼関係が極めて高い)...いつまでも(疲れるまで)口をペロペロなめ続ける。
    2)好きな人(犬含む)...近くにいると安心する。
    3)どちらかと言えば好きな人...会うと尻尾を振って挨拶する。
    4)どうでもいい人...益も害も無い空気的な存在。
    5)嫌いな人...近くにいる事を嫌がり、威嚇する事もある。

    犬の感情に裏表は無いので行動がそのまま感情を示しているわけですが、
    これらの感情を形成するのには「膨大な量の非常に繊細なプロセスが存在する」
    仮に現実がバーチャルだと仮定して、感情の非常に繊細な部分までAIコンピューターが違和感を感じさせる事無く
    管理するのは無理だろうと...よって私は貴方を含めて「現実世界の生物と接している」
    と思ってます。
    2017年11月29日 21:12

この記事へのトラックバック