【衝撃】日本での体験談@ベンジャミン・フルフォード

■ベンジャミン・フルフォード【2007/08/08】

<衝撃を受けた日本>
日本に初来日した時の第一印象が不思議な国。欧米は一応法治国家なので白か黒かのどちらかしかないが日本にはグレーゾーンが沢山有る。
パチンコの換金は禁止されているが換金両替所があり、売春は違法だけど沢山のソープランドが有る。そこで日本には影の権力が存在していると感じた。

<汚いと感じた体験>
1).日本の日本経済新聞社で経済ジャーナリストとして働いていた頃、野村證券はVIP待遇の顧客を持ち、彼らが購入した株を積極的に他の客に勧めて株価が上がったところでVIPが売却する。
2).1990年代バブルの頃、日銀に取材したらバブルの規模は100~200兆円といわれたが、当時の大蔵省(現財務省)が恐らく10回以上は嘘の発表をし、マスコミは国民に3兆円と伝えていた。バブル崩壊で借り手責任の名の下に多くの国民が財産を失った。
★注釈:偽ユダヤ金融マフィアは所有する中央銀行システムで景気を操り、買収したマスコミのプロパガンダで国民を騙す手法で、人類の財産を詐取し続けて大国以上の巨額の富を得てきた。当時の日本のマスコミは現在に比べると非常に良識が有り、偽ユダヤ金融マフィアを「ハゲタカ・ファンド」と蔑視(非難)していた。

3).大蔵省の天下り先「住専」からの貸出の半分以上が暴力団だった。それを記事にしたら海外メディア約400社が一斉に報道。ベンジャミン氏は上司から「そーゆー記事はヤバイから止めなさい」
と注意され、日本のマスコミは駄目だと実感。実際、特ダネを書く記者は左遷されていた。
4).日債銀への貸出の半分以上が暴力団だった。破綻後に民営化されてあおぞら銀行になり、日銀理事長の本間氏が社長に就任したが、2週間後に自殺したと報道される。

他にも12人くらいの不自然な死を目の当たりにした。

5).例えば第一勧業銀行(朝鮮系の旧中央銀行)の社長が金融スキャンダルで国会で証言する予定の前夜、宿泊先のホテルの部屋に10人位の黒服の男達が訪問した事実を奥さんが証言したが、翌日に部屋で首吊り自殺をしたと報道される。ホテルの部屋は首吊り自殺出来ないように設計されており、それを警察に問い詰めた翌日、死体発見場所が「トイレ」に変わった。
戦後、同銀行を訪れた朝鮮人達に「金は無い!」と嘘をついて返金に応じず、詐取した金は政治家と官僚で山分けした。また、自民党は北朝鮮がらみのパチンコ・麻薬利権の見返りに20年間で約2兆円の賄賂を受けていた。
しかし、これらの金融スキャンダルは社長が消された事で真実は闇に葬られた。

金融の真実は暴力団に関わらないと決して判らない。山口組はロックフェラーの下請け。
★注釈:他のソースによると住吉会・稲川会はブッシュ家の下請け。
★注釈:2012年アメリカでこの2つの勢力の幹部の資産凍結が行われた。

6).アメリカのGEやシティバンクの日本国内での不正も、証拠の精度のハードルを高くされて記事には出来なかった。また、ウィルス対策会社がウィルスを作っている事実も圧力がかかって記事に出来なかった。

<黒すぎた竹中平蔵>
2007年6月に竹中平蔵元大臣に以下の内容の疑惑を追求。
2003年2月に「大銀行でも救済しない」旨の発言をし、更に銀行と企業との株式持合いのリスクを企業にそそのかした。そして銀行株の大暴落を引き起こした(国有化されると株の資産価値が無くなる)。
暴落した銀行株をロスチャイルドとロックフェラーらがオーナーの金融会社を介して大量買いして、日本への支配力及び集金力を更に強めた。
竹中平蔵への疑惑を追及していた経済評論家の植草一秀氏が神奈川県で「でっちあげの痴漢容疑者」として嵌められた。
国税庁の恩田氏が脱税疑惑で調査を始めたら、同じく神奈川県で全く同じ容疑で逮捕されてしまう。
2006年12月に朝日新聞の論説者鈴木氏の特ダネ「りそな銀行が自民党に多額の献金をしている」と新聞に報道されたその日の夜に、横浜の海で死体となって発見された。
2007年4月読売新聞の竹中平蔵の担当記者は口にソックスを入れられ更にテープを巻かれ、後ろから手錠かけられてお尻にバイブレーション入れられた死体が発見されたが自殺と断定された。
尚、神奈川県は売国政治家として有名な小泉一族の縄張り。
★注釈:明治維新が起源の北朝鮮出身の田布施システムの政界人が偽ユダヤにソックリなのはナゼか?
↓どうして朝鮮とファザール(偽ユダヤ)の共通点はこんなに多いのか?
外道・児童性愛者・残虐・非情・卑劣・世界の嫌われ者
歴史が関係してDNAの系統が近いのか?イルミナティ達と同じくドラコニアンとのハイブリッドなのか?残虐洗脳プログラムMKウルトラを体験しているからなのか?

追及の翌日、竹中平蔵の部下である日銀の岡田氏から連絡が入り、フリーメイソンのバッジを見せられ、権力者になるか死ぬかを選びなさい!と告げられる。
その翌日、中国の秘密結社から仲間に誘われる。メンバー600万人(うち180万人が中国マフィアでうち10万人がプロの殺し屋)。起源は清に滅ぼされた明軍で、過去に日本の皇室から援助を受けて日本に対して親しみを持っている。
★注釈:白龍会の事か?

その後もフリーメイソン岡田氏から脅しのメールが何回も届き、またも呼び出されて、宇宙人の講演を依頼される。また、日本は気象兵器(地震兵器)HAARPで脅されているから仕方がなかったと説明される。HAARPは10億ボルトの電気を要する。
★注釈:なるほどね~!UFOや宇宙人の真偽関係なく、オカルト話を信じている人物の話は全てデタラメだとメディアを使って国民を洗脳出来る。
★注釈:HAARPは運命タブレットによって集められた地球及び人類の周波数に関する膨大なフリーエネルギーが動力源。
【PR】


<関連記事>
【陰謀】アメリカはフリーメイソンの所有物
【陰謀】フリーメイソンに支配された日本の歴史@明治~現代
【衝撃】日本での体験談@ベンジャミン・フルフォード
【悲報】どんだけ堕ちるつもり?日本の政治@ベンジャミン・フルフォード

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック