光速を超える宇宙船を開発/NASA

ワープ実現の宇宙船/NASA
ソース元 CNN
35049366_001.jpg
<内容>
光速を超えて宇宙空間を移動する「ワープ航法」の性能をもった宇宙船の設計画像を公開。
NASAの先端推進技術研究チームを率いる物理学者ハロルド・ホワイト氏によると、ワープは一般相対性理論の抜け穴の法則を利用して宇宙空間を歪曲させ、光速を超えて移動できる技術で速度に制限はなくなる。その理論は物理学の法則に反していない。

<宇宙人の技術?>
アメリカは1933年頃から始まったグレイとの会談で、先進的な技術提供を受ける代わりに人間の誘拐を許可している。火星に行ったり、過去未来へ行った人やプロジェクトの関係者らの暴露話が既に幾つも挙がっており、タイムトラベルとワープの装置を既に保有しているようだ。
ただ、宇宙人やUFOの情報を隠蔽してきたアメリカが、これまで機密情報だった最先端技術を公開するのは、影の政府(ハザールマフィア)の影響力の低下が理由だろう。
これまで機密情報は徹底的に隠蔽され、関係者が暴露したら消されていた。
【PR】


<関連記事>
【既に実用化】テレポーテーション(火星移住)/プロジェクト・ペガサス
【既に実用化】反重力装置の三角型UFO TR-3B Astra
火星移住計画と目的
宇宙人~まとめ③人類の危機と大転換期


この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/431035020

この記事へのトラックバック