【朗報】本当に治るガン治療

【更新:2017/04/28】
■新世界秩序(人口90%削減計画)
先ず製薬会社も医療機関も病院も全て偽ユダヤ国際金融マフィアに支配されている事を理解する必要がある。
国連など国際機関はロスチャイルド・ロックフェラーら偽ユダヤが創設に関わって支配している。
もちろん大手保険会社も...「高額な治療費になるほど高額な保険を支払う。それって矛盾してるでしょ?」
そんな勘違いをしている人もいるようですが、保険料はトータルで利益が出るように計算されているのだから全く問題ないでしょ?ww

短期間に安価で確実に治療できる方法が過去に幾つも発見されてきたが、施設を壊されたり殺されたりして、医療の分野はここ数百年は進化どころか、むしろ退化している。
人口削減を目論み、利益至上主義の世界支配層が誠実な治療を許すわけが無い!ガンで死にたくなければ病院には頼らず、自分で出来る事を実行した方が完治の確率が高くなる。実際、ガンで死んだ人よりガン治療で死んだ(殺された)人の方が断然多い。当然、統計学的にはガンで死んだ事にされる。
抗がん剤・放射線治療・手術(他人の血を取り込む輸血)は自然治癒力を低下させる為に考え出された医療です。
但し、医師達は教育現場で既に洗脳教育を受けているので罪の意識は無いし、(殺す為の)治療法が医学会によって義務付けられている。しかし実際に医療現場に関わって、重大な間違いに気付いた医療関係者らの警告がユーチューブなどにも多数UPされている。

<ガン治療はロックフェラー(ユダ金)のNWOが目的の毒殺行為 by ベンジャミンフルフォード>

日本医師会及び医師が枯葉剤入り抗がん剤を投与し、ガン患者への殺害に関与。それを裏付ける証拠も有る。これは明確な「殺人行為」。
関係者は皆「殺人罪で刑務所行き」...ユダ金の影響力が低下する事が前提になります。
同様に、厚生労働大臣・厚生労働省が日本に流通している日用品からソフトキル「不妊剤・避妊剤・環境ホルモン・発がん物質」を排除しないと業務上過失で刑事責任に問われる。

100年前はガンが原因での死亡は20人に1人、現在は3人に1人...これが何を意味しているのか自分自身で学んで理解出来ないと早死にするだけです。

<医療に関する様々な事実>
ソース元:あなたは国家に騙されている!世界一長寿国のウルトラペテン!
規準となる平均死亡年齢も世界各国共通の測り方ではない。また厚生労働省は算出方法を公開していない。日本は毎年翌年7月に発表するが、世界各国が発表した後に、少し数字を上乗せして公開していると考えられる。
★注釈:「日本は医療先進国だから世界一の長寿国なんです」と国民に盲信させて、医療に多額の金を使わせるのが目的なのだろう。「国民健康保険を国民全員から強制的に徴収する」理由も理解できる。

ソース元:
長野県は男女ともに最も長寿。内陸性気候で寒暖の差が激しく決して快適な環境ではないのに...
本来長寿を目的とした老人医療費は全国最低の年間67万円(★ちなみに最高は福岡県の102万円)。老人医療専門医も最も少ない。
つまり「老人医療をしないから長寿だと思います。データから医療が病気を作って金儲けしているのは事実。」
医師の意向はさておき、結果的に治療が寿命を縮めている。
塩分摂取量は男性が全国2位の1日12.6g、女性は1位の11.1g。厚生省は1日6g以下を推奨している。これは高血圧の病気さえ抑制されれば、他の病気になっても構わないという考え方。減塩食を推奨しているNHKと朝日は絶対放送しない。
gan1a.gif
厚生労働省「2010年度都道府県別に見た悪性腫瘍による死亡の状況」...長野県は男女とも死亡率が低い。「ガンで死亡」は「ガン治療で死亡」も含まれる。

ソース元:近藤誠「健康診断は受けてはいけない」
↓作品紹介
健診はこんなに危険! 欧米に職場健診も人間ドックも存在しないのはなぜか? 日本の男性は職場健診で寿命を縮めている!?
日本人の多くは「健康」のため職場健診や人間ドックを受診していますが、欧米には存在しません。「より健康になる」とか「寿命をのばす」という効果を証明するデータがないからです。著者の近藤誠さん本人も、慶大病院で在職した40年間、執行部から強い圧力がありながらも、一度も受けませんでした。検診は有効というデータがないからです。にもかかわらず、日本では、医学的な根拠がないままに、1972年の「労働安全衛生法」で健診が義務化され、今日に至っているのです。日本の平均寿命は世界のトップクラスですが、奇妙なのは、男女間で平均寿命に6歳もの差があることです。女性よりも職場で健診機会の多い日本の男性は、まさに「健診で寿命を縮めている」可能性があるのです。
検診は危険がいっぱいです。そもそもCTや胃エックス線撮影には放射性被ばくによる発がんリスク、子宮がん検診には流産や不妊症のリスクがあります。異常値が見つかった後に行なわれる肺や前立腺の「生検」も極めて危険です。手術後に「がんではなかった、おめでとう」と平然と述べる医者もいます。
さらに危険なのは、「過剰な検診」が、過剰な薬の処方や手術など「過剰な治療」につながるからです。人間ドックには「早く見つけるほど、早く死にやすい」という逆説があります。実際、中村勘三郎さんや川島なお美さんは、人間ドックで「がんを早期発見され、早期に亡くなってしまった」のです。
「検査値より自分のからだを信じる」こそ、健康の秘訣です。健康な時に、健診など受けるものではありません。
本書は、さまざまなデータや論文に基づき、「健康診断が有害無益である」ことを徹底的に明らかにします。
↓目次
○はじめに――効果を示すデータがないから四〇年間受けなかった
○第1章 健診を受ける人と受けない人
・健診を受ける人と受けない人、どちらが長生き?
・治療を受ける人と受けない人、どちらが長生き?
・全がん(胃がん、肝がん)の死亡率は低下
・「過剰診断→過剰治療」という悪夢
・甲状腺がん――韓国で起きた過剰診断の悲劇
・肺がん――検診群の死亡率が上昇
・チェコでの比較試験――欧米は肺がん検診を実施せず
○第2章 がん検診の効果を検証する
・胃がん検診――日本は義務化、欧米は実施せず
・前立腺がん検診――「おもしろいようにがんが見つかる」
・乳がん検診――スイスはマンモ検診を廃止
・子宮がん検診――義務化で死亡率が上昇
・卵巣がん検診――効果は証明されず
・大腸がん検診――論文のカラクリ
・内視鏡における胃がん検診――早期発見で死亡率が上昇
・内視鏡による大腸がん検診――ポリープの発見・切除は無意味
○第3章 健診のデメリット
・かならず生じるデメリット
・検診での放射線被ばく――CTや胃エックス線撮影の発がんリスク
・女性特有のデメリット
・子宮がん検診による不妊症のリスク
・”生検”は危険がいっぱい
・がんと診断された場合のデメリット――精神的ショックと失職のおそれ
・肉体的なデメリット――手術後に「がんではなかった、おめでとう」
○第4章 どれほど死者が増えるのか?
・胃がん集団検診を廃止した長野県泰阜村
・手術で亡くなっても「がん死」に
・手術でがん細胞が増殖する
・早く見つけるほど、早く死にやすい――人間ドックの逆説
・抗がん剤は「クスリ」ではなく「毒」
・子宮頸がん――検診奨励で若年層の発見数と死亡数が増加
・前立腺がん――極めて危険な手術
・乳がん――発見数も死亡数も増加
○第5章 がん検診に救命効果がない理由
・「転移するがん」と「転移しないがん」
・乳がん治療の歴史
・「今は転移しなくとも、放置すれば転移するがん」は存在しない
・「がんもどき」とは?
・「潜在がん」は放置すればよい――前立腺がん、甲状腺がん、乳がん
・「だんだん癌の範囲が拡がってくるんですね」――恣意的に拡大された「がん」の定義
・日本では「早期がん」も、欧米ではほとんど「良性病変」
・ピロリ菌除去の際に感染症を「がん」と診断
・「発症しない早期がん」、「消えるがん」
・増大せず、消えてしまう「浸潤がん」も
・「転移するがん」は発見前にすでに転移
・転移の有無を決めるがん幹細胞
○第6章 検査値の異常
・日本人はクスリ漬け――六〇代の三割以上、七〇歳以上の五割以上が服用
・異常値とは――五%を自動的に「異常値」扱い
・高血圧のウソ――基準値切り下げで降圧剤の売上が年間一兆円超に
・高血糖のウソ――血糖降下剤で死亡率が上昇
・高コレステロール血症、脂質異常症のウソ――「異常高値」の方が死亡率が低い
・フィンランドでの比較試験――生活習慣病への生活指導とクスリ処方で総死亡数は増加
○第7章 新たな健診
・メタボ検診のウソ――BMI二五~二七の「肥満男性」の死亡率が最も低い
・CT・PETによる検診のウソ――CT受診者の半数が、がんでもないのに「異常アリ」
・ピロリ菌検査のウソ――ピロリ菌除去で食道がんのリスク
・脳ドック(MRI)のウソ――欧米には存在しない
・骨粗しょう症のウソ――診断根拠が曖昧でクスリも劇薬
○第8章 温故知新――検査機器とクスリに頼る日本の医者
・日本に多いテンプラ医者
・テンプラ医者が増えた理由――戦争と国民皆保険
・医学部の激増とテンプラ医者の拡大再生産
・クスリと検査ばかりに頼るテンプラ医者
・比較試験を重視する欧米――健診も無意味と判断
・効果が不明な人間ドック
・健診を推進する厚労省と専門家
・厚労省と検査業界の利権
・検査は医師の収入源
「成人病→生活習慣病」という呼称変更で莫大な利益
・医師たちは健診の有効性を信じているのか?
○第9章 検診を宣伝する者たち
・がん検診の宣伝で駆使されるレトリック
・エビデンス無視の推奨
・「ケンシン女子」のススメ
・データ扱いのインチキ
・”権威中の権威”による推奨
・「科学的反論」は本当に科学的か?
・がん検診を宣伝する医師たちの共通点
・がん検診を推奨するマスコミの罪――大本営発表の現代版
・著名人によるがん検診の推奨
・影響力が絶大な「がん体験者」による推奨
・無知にもとづく「善意」ほどタチが悪い
○第10章 ではどうするか?
・健康なときに検査は受けない
・職場健診の強制にどう対処するか?
・検査で病名をつけられたらどうするか?
・まずクスリの危険性を認識せよ
・降圧剤もやめられる
・断薬の三つの方法
・玄米菜食、肉食制限、糖質制限で死亡率は高まる
・百歳長寿者は、肉や魚をたっぷり摂取
・「検査値より自分のからだを信じる」が健康の秘訣
・検査値はからだが完璧に調整した結果
・健診がつくりだす”虚病”
・日本の医療は「不安産業」
・医者と科学技術が築き上げた壮大な虚構


■ガン治療の基本常識
以下の動画には治療方法は色々あるが、基本的には血液を綺麗にして自己治癒力を高め、それを一定期間継続する事によって完治する。
<目的(結果)>
綺麗な血への改善→免疫力を高める=自己治癒力を高める→細胞が健康的(元気)になる→ガンの要因が減少・消失
<プロセス>
・肉などを避けて野菜をメインに摂って高アルカリ性体質にする
・他人の血は、侵入者に対する抗体による攻撃対象になり、自身の免疫&治癒力低下にしかならないので絶対に入れない(輸血)
★注釈:ユダヤ教徒「エホバの証人」の「輸血禁止」は科学的に正しかったようです。輸血の代わりに「塩水のようなモノ」で補充して時間をかけて自己治癒力を高めていくのが良さそうです...詳細はネットで調べてみて下さい。

・汚れた血を抜いて自己治癒力に任せて綺麗な血を再生する
。。。などが挙げられています。
ガンがカビだとする説もありますが、健康的な細胞にカビは寄生も存続も出来ないのでは?
ようするに健康的な身体で有ればどんな病気にもならない!なりにくい!って事

■ガンはこんな簡単に治る方法が発見されていた!
ソース元

ガンはこんな簡単に治る方法が発見されていた!医学界が騙しているだけ!人を騙し、病気を作り出し殺傷の刃を振りかざす現代医学の悪質な正体を見抜こう
輸血も抗がん剤も死期を早める最悪な治療法。エホバの証人(ユダヤ教?)の輸血拒否の主張は理論的で正しかった。

■ガンは実は数週間で治せる。
ソース元

90%以上のガンは数週間で完治します。

■重曹(重炭酸ナトリウム)でガンが治る!?
ソース元

ガンはカンジダ菌(カビの一種?)が体内で繁殖して細胞に悪影響を与えるので、重曹で退治すればガンは完治する!って内容。抗がん剤などの治療薬=死期を早める・不妊・虚弱体質(病気がち)になる。。。等のデメリットが断然上回る。。。
なぜなら世界支配層が所有する大手製薬会社(グローバル企業)は金儲けとNWO(人類の削減)が目的なのだから!
これまでも安価でより確実な治療法を発見した研究者や医療従事者の多くが世界支配層によって殺されてきた。
安価な治療法が発見・開発されれば、100兆円(仮定)規模の市場を失うのだから、利益至上主義の彼らにとって邪魔な存在でしかない。よって今後も医療分野の大きな進歩は期待出来ないだろう。STMP細胞などの技術は関係者を殺して脅して抹殺し、彼ら自身の為に密かに利用されると考えられる。
この動画のドクター・シモンチーニ氏も当然、何度か殺されかけたが、世界支配層の中に彼を必要としている人物がいる為に殺されずに済んでいるみたい。

<朗報(2015/10)>カナダで大麻合法化の方向へ!アメリカや国連にも同様の動き。
☆注釈:医療大麻はガン治療など適応疾患約250種類に有効とされる万能薬♪
大麻=悪...は製薬会社(ユダ金)のプロパガンスで多くの人々が騙されて続けて来た!
「エジプト時代はガンの存在は確認されていない。ガンで死ぬのは100年前には20人に1人、現在は3人に1人!日本は紀元前から戦後まで大麻は漢方薬などに使われていた。byベンジャミン・フルフォード」
つまりユダ金の支配がゼロになれば、最低でも100年前の癌死亡率1/20に大幅に改善する可能性が有る!って意味だから...
★注釈:普通に考えれば分かる事ですが、仮に大麻が「万病に万能である」としたら、医薬品会社の損失は何百兆レベルです...簡単に栽培出来る大麻など、ゴイム(奴隷)が安価に入手出来てしまうモノを、イルミナティが政治やメディアに指示して、手段を選ばず徹底的に排除するのは当然の事だと理解すべきです。
「大麻は悪だ!犯罪だ!」などカスゴミのプロパガンスに騙される「思考出来ない人」が多すぎです!!!
★注釈:現在日本では医療での使用及び研究すら禁止。
【PR】



<関連記事>
【陰謀】真実は全て反対だった~マスコミによる洗脳
【朗報】本当に治るガン治療
【陰謀】食品のヤバイ実態まとめ@ユダ金系グローバル企業
【陰謀】ワクチンの本当の目的

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック