【朗報】本当に治るガン治療

【更新:2016/11/20】
■新世界秩序(人口80%削減計画)
先ず製薬会社も医療機関も病院も全て偽ユダヤ国際金融マフィアに支配されている事を理解する必要がある。
国連など国際機関はロスチャイルド・ロックフェラーら偽ユダヤが創設に関わって支配している。
--------------
<ガン治療はロックフェラー(ユダ金)のNWOが目的の毒殺行為 by ベンジャミンフルフォード>

日本医師会及び医師が枯葉剤入り抗がん剤を投与し、ガン患者への殺害に関与。それを裏付ける証拠も有る。これは明確な「殺人行為」。
★関係者は皆「殺人罪で刑務所行き」...ユダ金の影響力が低下する事が前提になります。
同様に、厚生労働大臣・厚生労働省が日本に流通している日用品からソフトキル「不妊剤・避妊剤・環境ホルモン・発がん物質」を排除しないと業務上過失で刑事責任に問われる。
--------------

短期間に安価で確実に治療できる方法が過去に幾つも発見されてきたが、施設を壊されたり殺されたりして、医療の分野はここ数百年は進化どころか、むしろ退化している。
人口削減を目論み、利益至上主義の世界支配層が誠実な治療を許すわけが無い!ガンで死にたくなければ病院には頼らず、自分で出来る事を実行した方が完治の確率が高くなる。実際、ガンで死んだ人よりガン治療で死んだ(殺された)人の方が断然多い。当然、統計学的にはガンで死んだ事にされる。

100年前はガンが原因での死亡は20人に1人、現在は3人に1人...これが何を意味しているのか理解出来ないと早死にするだけです。
抗がん剤・放射線治療・手術(他人の血を取り込む輸血)は自然治癒力を低下させる為に考え出された医療です。
但し、医師達は教育現場で既に洗脳教育を受けているので罪の意識は無いし、(殺す為の)治療法が医学会によって義務付けられている。しかし実際に医療現場に関わって、重大な間違いに気付いた医療関係者らの警告がユーチューブなどにも多数UPされている。

■ガン治療の基本常識
以下の動画には治療方法は色々あるが、基本的には血液を綺麗にして自己治癒力を高め、それを一定期間継続する事によって完治する。
<目的(結果)>
綺麗な血への改善→免疫力を高める=自己治癒力を高める→細胞が健康的(元気)になる→ガンの要因が減少・消失
<プロセス>
・肉などを避けて野菜をメインに摂って高アルカリ性体質にする
・他人の血は、侵入者に対する抗体による攻撃対象になり、自身の免疫&治癒力低下にしかならないので絶対に入れない(輸血)
★注釈:ユダヤ教徒「エホバの証人」の「輸血禁止」は科学的に正しかったようです。輸血の代わりに「塩水のようなモノ」で補充して時間をかけて自己治癒力を高めていくのが良さそうです...詳細はネットで調べてみて下さい。

・汚れた血を抜いて自己治癒力に任せて綺麗な血を再生する
。。。などが挙げられています。
ガンがカビだとする説もありますが、健康的な細胞にカビは寄生も存続も出来ないのでは?
ようするに健康的な身体で有ればどんな病気にもならない!なりにくい!って事

■ガンはこんな簡単に治る方法が発見されていた!
ソース元

ガンはこんな簡単に治る方法が発見されていた!医学界が騙しているだけ!人を騙し、病気を作り出し殺傷の刃を振りかざす現代医学の悪質な正体を見抜こう
輸血も抗がん剤も死期を早める最悪な治療法。エホバの証人(ユダヤ教?)の輸血拒否の主張は理論的で正しかった。

■ガンは実は数週間で治せる。
ソース元

90%以上のガンは数週間で完治します。

■重曹(重炭酸ナトリウム)でガンが治る!?
ソース元

ガンはカンジダ菌(カビの一種?)が体内で繁殖して細胞に悪影響を与えるので、重曹で退治すればガンは完治する!って内容。抗がん剤などの治療薬=死期を早める・不妊・虚弱体質(病気がち)になる。。。等のデメリットが断然上回る。。。
なぜなら世界支配層が所有する大手製薬会社(グローバル企業)は金儲けとNWO(人類の削減)が目的なのだから!
これまでも安価でより確実な治療法を発見した研究者や医療従事者の多くが世界支配層によって殺されてきた。
安価な治療法が発見・開発されれば、100兆円(仮定)規模の市場を失うのだから、利益至上主義の彼らにとって邪魔な存在でしかない。よって今後も医療分野の大きな進歩は期待出来ないだろう。STMP細胞などの技術は関係者を殺して脅して抹殺し、彼ら自身の為に密かに利用されると考えられる。
この動画のドクター・シモンチーニ氏も当然、何度か殺されかけたが、世界支配層の中に彼を必要としている人物がいる為に殺されずに済んでいるみたい。

<朗報(2015/10)>カナダで大麻合法化の方向へ!アメリカや国連にも同様の動き。
☆注釈:医療大麻はガン治療など適応疾患約250種類に有効とされる万能薬♪
大麻=悪...は製薬会社(ユダ金)のプロパガンスで多くの人々が騙されて続けて来た!
「エジプト時代はガンの存在は確認されていない。ガンで死ぬのは100年前には20人に1人、現在は3人に1人!日本は紀元前から戦後まで大麻は漢方薬などに使われていた。byベンジャミン・フルフォード」
つまりユダ金の支配がゼロになれば、最低でも100年前の癌死亡率1/20に大幅に改善する可能性が有る!って意味だから...
★注釈:普通に考えれば分かる事ですが、仮に大麻が「万病に万能である」としたら、医薬品会社の損失は何百兆レベルです...簡単に栽培出来る大麻など、ゴイム(奴隷)が安価に入手出来てしまうモノを、イルミナティが政治やメディアに指示して、手段を選ばず徹底的に排除するのは当然の事だと理解すべきです。
「大麻は悪だ!犯罪だ!」などカスゴミのプロパガンスに騙される「思考出来ない人」が多すぎです!!!
★注釈:現在日本では医療での使用及び研究すら禁止。
【PR】



<関連記事>
【陰謀】真実は全て反対だった~マスコミによる洗脳
【朗報】本当に治るガン治療
【陰謀】食品のヤバイ実態まとめ@ユダ金系グローバル企業
【陰謀】ワクチンの本当の目的
【陰謀】ジョン・レノンのインタビュー―世界は狂人によって支配されている

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/430786474

この記事へのトラックバック